スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

チャンスはピンチ

2012年06月03日
連勝ストップ。←懐かしい響きだ。

■【広島】「チャンスの時に、ピンチ状態」(ニッカン)

広島は楽天の高卒ルーキー釜田佳直投手(18)に3安打に抑えられ、連勝が3でストップした。140キロ台後半の直球と、スライダーにタイミングが合わず、2回1死からは5者連続三振を食らった。4回には1死満塁の好機をつくるも広瀬純外野手(33)、堂林翔太内野手(20)が連続三振で無得点。6回に1点を返すのが、精いっぱいだった。野村謙二郎監督(45)は「(釜田は)勢いのある投球をして、若さを出した良い投手だったけど、チャンスはあった。でもチャンスの時に、ピンチ状態になっている。活躍できる場なのに」と、勝負弱さを嘆いた。

チャンスはピンチ。

それもうファンの間で囁かれていたことですけど?
気づくのが、コメントするのが、遅くね?

取りあえず打撃の結果が出ていないならコーチの処遇はまず考えるべきじゃないかね?
2軍のコーチと入れ替えてもよいし。
温泉じゃないんだから待っていても好調な選手は湧いてきませんよ。
温泉だって堀らなきゃ湧いてきませんけどね。


■ソフトバンク、どうしタカ6連敗 最下位転落(毎日新聞)

チャンピオンチームのソフトバンクが大きな壁にぶち当たっている。引き分けを挟んで一昨年8月以来の6連敗を喫し、昨季はぶっちぎりで優勝した交流戦で、とうとう最下位に転落した。「なかなか流れを持ってこられないね」と秋山監督のため息も日ごとに深くなっている。
「走攻守すべてでミスが出ている」と選手会長の本多。岩崎が一番大事な場面で失投した。同点に追いつかれた直後の五回2死一、二塁。ヤクルト・畠山に浮いたスライダーを左翼席最前列まで運ばれ、これが致命傷となった。杉内(巨人)ら「43勝分」が移籍した先発陣の穴埋めを期待された22歳は約1カ月、勝ち星が無い。取って代わる投手が欲しいところだが、めぼしい人材がいないのが現状だ。
打線は持ち味の積極的な走塁が裏目に出た。四回2死一、二塁では、一塁走者の長谷川がリードを取りすぎて捕手からの送球に帰塁できず、好機をつぶした。五回も本多が館山のけん制に逆を突かれてアウト。また、小久保の離脱を受け、約5年ぶりに松中を一塁手でスタメン出場させるなど活性化の手は打ったが、1点を取るのがやっとだった。

14試合3勝9負2分

そのうち2勝がカープかよwww

ここからもカープの弱さを感じました。


■星野監督、連敗ストップに「これ以上連敗するとみっともない」 (Baseball Times)

東北楽天は3日、Kスタ宮城で広島に3対1と勝利し、連敗を3で止めた。
以下は、星野仙一監督のコメント。
「(釜田佳直が初の本拠地で2勝目を挙げたが?)うーん、まぁあの(4回の)満塁をよく凌いだなと。半分野手に足を引っ張られた満塁だったから。よく頑張ったなぁというところだね。
(8つの三振を奪うピッチングだったが?)三振なんてどうだっていい。あそこで7回きちっと収めたら褒めてやりたいけどね。神宮もそうだし、だからどうもうちのやつは7回だとか……伝染してるな。
(枡田慎太郎のタイムリーについては?)あそこでよく打ってくれたね。ナイスバッティングだ。(連敗を止め、明後日からは阪神戦だが?)これ以上連敗するとみっともなくて。まぁ小さいことをきちっとできないから、連敗も続くのよ」

星野監督って結構内容のあるコメントするんだよね。楽天って最下位予想が多かったけど、いまは貯金2で3位という立派な成績。
マーくんだった外れている状況なのにね。

うちの監督もこういった強弱のあるコメントがあれば選手も励みになると思うんだけどね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←36位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。