スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ベストを尽くす起用だったとは到底思えません

2012年09月22日
そしてマエケンが腰痛・・・・。オレ頭痛。

■広島1-3横浜DeNA(TBSエキサイトBB)

横浜が今季16度目の逆転勝ちで、引き分けを挟んだ連敗は7でストップ。7回代打下園の3点タイムリースリーベースで逆転。先発国吉は7回を2安打4奪三振1四球1失点で4勝目、横浜スタジアムでの自身の連敗を4で止めた。3人目山口が19セーブ。広島は今季2度目の6連敗で、今季ワーストタイ借金11。今季の勝ち越しが消滅。先発前田健は腰の張りで今季最短タイの5回を71球で降板も、1安打4奪三振1四球無失点でリーグトップの防御率は1.51。3人目サファテが来日ワーストタイの3失点で5敗目、5月20日日本ハム戦以来の黒星。堂林が04年シーツに並ぶ球団ワーストタイのシーズン139三振を記録。

なんで借金11に戻すかね?w

形状記憶借金体質ですか?もうね・・。

昨日は開門からハマスタ。
天気もなんとか持ちこたえてくれました。
しかしカープの中継ぎは持ちこたえてくれませんでした。

野村監督・・・やるべきことはやりませんか?もうあきらめました?

昨日は外野指定席が埋まるレフトスタンドのご様子。
金曜日であれだけ埋まったのもあまり記憶ありません。
そんな最後の最後まで信じて足を運んだファンへの裏切りとも思える投手采配。

マエケンの腰に違和感で降板は仕方ないとしてもサファテのマウンド置き去りはいかがなものか。
その後に河内が出て来るならばなぜに下園のところで起用しないのか?
そもそも0アウト1-2塁であそこはスパっと代えるところ。あそこで流れを一回切ればあの試合は勝てる可能性は十分あったと思います。

あれだけストライクが入らない投手をずっと投げさせた理由がよくわかりませんね・・・

となれば1番安部もベストのオーダーなんでしょうか?

試したとなればサファテも試すときではありません。
なんかちぐはぐ。一貫性を感じませんでした。

それにしても7番天谷の理由もよくわかりませんね。
彼が1番を打っていた時が一番チームにも勢いがあったと思いますがね。

あと堂林についてですが、完全にスランプですね。
でも彼は最後まで全試合に出場して欲しいです。
ここまでコロコロ変わるチームの状況においても彼だけは変わらずスタメンにいますからね。
ここは監督に貫いていただきたいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←21位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。