スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今シーズンのカープの1-2番は22通り

2012年10月14日
では昨日に続いて今年の球界について思ったことを書いていきたいと思います。

◆ヤクルトスワローズ
何がビックリしたってファンの数。最終戦は福地の御見送りに観戦してきたのですが、まぁ外野に客がギッシリですよ。どっから湧いて出てきたスワローズファン。
私が学生のころですが(30年ぐらい前)ある雨上がりの試合でライトスタンドを見たら岡田さんがしっかり認識できましたからねw 人数を数えたら応援団を入れても30人しかいませんでした(笑)
そんな時代を知っていますのでいまのファンの数には驚くしかありません。
やはりCS中継の影響でしょうね。昔は地上波で讀賣巨人軍の試合しか放送していませんでしたから。
もう野球中継=讀賣洗脳放送ですよw
それがCS放送でヤクルトも露出するようになっていき、それに球団の努力が実ったのではないでしょうか。

そう言えば先日どこかの新聞社サイトで記憶に残る外国人選手のアンケートがありました。
迷わず私は「ボブ・ホーナー」。あの来日2戦目での3ホーマーは衝撃でした。
現役バリバリの選手が来日しただけでもワクワクしましたっけ。
1票しか投じることが出来ませんでしたが、もう1票あったら「フリオ・フランコ」かな。

◆観戦スタイル
昨日のブログで「てっぺん」と書きましたが、それは外野スタンド最上段のことです。
学生の頃から外野スタンドで見る習慣もあるのですが、そもそも一番値段が安いので何度も球場に足を運びたいファンにとっては当然の選択だと思っています。
それと「ネットなしで観戦が出来る」というメリットもあります。もともと視力がいいので遠くから見るのはなんとも思いません。それに選手の顔を間近で見たい気持ちもありません。芸能人なら話は別ですが・・・
"てっぺん"に行くのは理由が2つあります。1つは、出来るだけ高いほうが球場全体を見渡せることができます。もう一つはカープの応援スタイルの問題ですが「スクワットをしない」ということです。
間違って欲しくないのはスクワットが嫌いなわけではありません。疲れるからです(笑)
ですので立って応援するので後ろの人のことを考えると最上段しか選択肢はありません。

今年は明治大学の応援で御馴染みのハイパーユニオンがカープの応援にも取り入れられました。
賛否両論ありますが、私はアリです。スタンドの様子を見ると小さい子供が非常に楽しく歌って踊っているじゃないですか。だったら文句なしですね。

◆カープに足りないもの
その神宮最終戦で気付いたのですが。
ヤクルトにあってカープに足りないもの。それは宮本と田中浩康ではないかと。
選手層と言ってしまうと幅が広くなりますが、もっと焦点を絞るとこの二人が浮かんできました。
宮本と浩康は当たり前のように右に打ってランナーを進塁させますが、それってカープで見たことがあります?梵や廣瀬や倉では想像がつきません。石原ならバットの先に当たって自然とセカンドゴロは何度も見たことがありますが・・。
まぁこうやって名前をあげても「右の巧打者」は思い浮かびません。
それをカバーできる何かがあればよいのですが、全体的にプルヒッターなイメージしかありません。
右打者ならセカンドの頭、左打者ならショートの頭・・・二塁打が少ないチームというのもうなずけます。
一番打ったのが堂林で25本。1,2番の選手がこのぐらい打てないとね。

◆1,2番
とにかく固定出来ませんでしたね。
どのぐらいの組み合わせがあるのでしょうか。スタメンデータベースで調べてみました。

梵 -東出 32
天谷 -菊池 24
赤松 -菊池 19
東出 -梵 16
天谷 -安部 13
安部 -赤松 7
梵 -小窪 5
天谷 -東出 4
安部 -菊池 3
丸 -菊池 3
天谷 -赤松 3
丸 -安部 2
赤松 -安部 2
天谷 -小窪 2
梵 -赤松 2
石井 -安部 1
石井 -赤松 1
赤松 -東出 1
中東 -菊池 1
東出 -菊池 1
木村 -東出 1
會澤 -東出 1

実に22通りです。梵-東出が一番多いのは予想がつきましたが。次に多いのは天谷-菊池の24回。とにかく落ち着かない上位打線でした。
私はこの天谷-菊池が一番得点の可能性を感じたんですけどね。
何度もここで書いていますが天谷に3番とか5番なんて無理ですから。得点圏打率.193。
頭で色々考える打順なんて彼には向いていません。
でも得点圏打率は低くてもチーム2番目の二塁打数の天谷は1番ならどうでしょうか。
事実彼を1番に置いてからカープは借金を返していきました。
結局”1番”が一番多かったのは天谷の46回(梵は39回)でした。

なんで辛抱強く最後まで使わないのか・・・4番も岩本が一番しっくりしていた気もします。
そもそも1番を打っている選手が5番とかありえないですよ。
もっと選手の適性をしっかり見極めてしっかりその打順にすえてその打順にあった選手を育てて欲しいものです。打線はミズモノ。もっと気長にどっしり構えていただきたいものです。

ちなみに讀賣は19通り、中日は13通りw しかも大島-荒木 荒木-大島でなんと144試合中120試合。
これなら各々がチームで何を期待されていて何をしたらよいか明確ですね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←24位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
そうかぁやはりかぁ
逆方向に打てる右打者できれば内野手、というのは、僕が甲斐に託した夢ですが、やはりなかなか出て来ませんねぇ。小窪の伸び悩みが痛いです。彼が2番に入ってくれたらねぇ。たぶんカープでは珍しくプレッシャーに強いタイプだし。
No title
◇ガビーさん
こんばんわ。
いつもありがとうございます。
そうですね、小窪は確かにそこに当てはまる可能性のある選手ですね。
やはり右打者で右に打てないとなると「バント」しか選択がありません。バントがカープに多いのはそういった背景もあるのでしょう。
相手へのプレッシャーにはなかなかなりませんので、2塁に進んでも残塁になる可能性は高くなると思います。

ドラゴンズを見てもわかるように1番が出塁率が高くて2番がつないで3番が勝負強い。運が良ければ4番がパカンと打つ。5番以下なんて守れてあとは投手力で押し切ってしまう。
カープが一番勝つ可能性があるとしたらこの辺だと思うんですけどねぇ・・
No title
私は赤松が1番か2番に定着できたら結構おもしろいんじゃないかと思いますね。スタメンは多くないですが盗塁数はチームトップですし、後半戦では打席での粘りも見られました。
天谷1番は良いと思います。ただ、初球でボール球を振って凡退といった場面も多々あったので、そこは改善して欲しいです。
終戦後だけをみると安部をつかってみてもおもしろそうですね。

私の希望の1-2番は
1位:1番天谷2番赤松
2位:1番天谷2番安部
3位:1番丸 2番赤松
No title
◇かぶさん
ありがとうございます。
安部はいいですね。神宮でじっくり見てきましたが、彼は着実に成長していますね。外角のくさい球をきっちりファールにしていました。
1番安部もイイと思います。

赤松はですね、もうしっかり守ってくれたらいいかな。粘りは確かに後半ありましたね。あれがフルシーズン出来るならば2番も面白いと思います。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。