FC2ブログ

いま必要なのは、メンタル面の強化

2006年05月27日
楽天に逆転負けです。

■東北楽天6-5広島(サンスポ)

楽天が2連勝。1-4の六回二死二塁から沖原の二塁打で1点。さらに一、二塁とした後、フェルナンデスが11号3ランを放ち、逆転した。ロッテから移籍した2番手の川井が今季初勝利。広島は終盤の反撃も及ばず4連敗。


5月に入ってはじめての4連敗をここでするとは思いませんでした。むー。
移動がキツイ日程のときは思い切ってローテーション投手を1回飛ばしてしまうのも手かも知れませんね。帯同はするけど延長投手要員ぐらいにして。
そこで先発候補が見つかるかも知れないですからね。
底上げを徹底しているマーティーなら思いついてもいいものだけどね・・


■メンタルが原因(サンスポ)

小早川打撃コーチは「選手に頑張ってもらうしかない。同じことの繰り返しでコメントしようがない」とため息。ブラウン監督は「メンタルが原因。彼らは今、じっくりと経験を積んでいるところだ」と感情を押し殺した。


いまなかなか勝てないのはエラーも原因していますが、私はこのチームに足りないのは「絶対に勝つという前に出す気持ち」だと思います。
そしてその気持ちが空回りしないでちゃんと結果を出すことが本当の技術なんじゃないでしょうか。小さい頃からずっと積み上げてきた技術。それを試合で引き出すのも、また練習で効率よく技術を磨くのも「メンタル面」が大きく影響するのではないでしょうか。
たぶんマーティーもその点がまだカープの選手には足りないと感じているのでしょう。


■清原サヨナラ満塁つり銭なしHR(サンスポ)

「神戸の皆さん、こんばんは、清原です。今パニックになってよく分からないです。野球をやってきてよかったです。みなさんの声援が力となって、クルーンの速い球をバットに当ててくれました。まぐれとはこういうことです」


あっぱれですね。まぐれであのスタジアムのライト上段に打てるはずがありません。
「野球をやってきてよかったです。」じーんと来ました。

それにしてもライトスタンドへのあのガッツポーズ。讀賣時代には見たことがありません。
純粋にいま野球を楽しんでいるんでしょうね。
また21年間で一番嬉しいHRと別報道もありました。→しかも報知


実は彼はサヨナラ満塁HRは2001年の讀賣時代にカープの玉木(現在東北楽天)から1度打っています。
バックネット裏から目撃しています、はい。
スポンサーサイト



野球全般 | Comments(2) | Trackback(2)
Comment
tomy-lee様
以前の日記が更新されないなぁ…と思っていたら、こちらに引っ越されたんですね。
数日前にこのBlogを発見し、ひととおり拝見させていただきました。これからの記事も楽しみにしております。

さて、今日のエントリーにある、

> このチームに足りないのは「絶対に勝つという前に出す気持ち」

私も全く同感です。

数年前、NHKでカープ初優勝を取り上げた番組があったのですが、その中で「ルーツのファイティングスピリット」って言葉が再三出てきます。
今年のカープにはそれがいまひとつ感じられないですね。淡々としすぎている…というか。

監督退場の試合で「(退場で)燃えた」という選手のコメントがありましたが、「最初から燃えんかい!」そう言いたい気分でした。

まぁ言いたいことはいっぱいありますが、今は結果を恐れずに精一杯やってくれ!という気持ちで応援しています。

長文失礼。
0223.様
ご訪問ありがとうございました。
diary-noteのほうは長文を書くためにまだ残しているのですがなかなか時間が作れません。ネタはあるんですけどね・・ここを更新するのが精一杯ですw

確かに淡々としていますね。これは今日のロッテの試合を見ていても気づいたけど「自信」も大きな要因でしょうね。さすがアジアチャンプになったロッテは同点に追いつかれてもバタバタしません。そして代打里崎がちゃんとヒットを打つなど集中力の高さも見せ付けられました。
いまのカープに欲しいのはこれです。まだ時間はかかるけどきっとマーティーが今年と来年で基盤を築いてくれると信じています。
またコメントをお待ちしています。

管理者のみに表示
Trackback
3打数1安打1打点1四球1三振 .297連7HR 27RBI連 今日もDHで出場。3割目前です。 今日は1安打1打点です。 4打席目のノーアウト1,2塁のチャンスにライトへタイムリーツーベース獵 沈む球に体も沈む、あれこそ天才と言われる所以の打撃&#6
博士、ヌレちゃんただいまぁー。加奈ちゃんおかえりー。・・・あ、おかえりです。早速ですが、お二人に問題です。エェー。 えー。 もっと乗り気になりなさいよ(笑)