スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ケンカに勝って試合に負けた

2006年07月31日
今日は試合はありません。なんかつまんないね。

■ブラウン監督に制裁金(報知新聞)

セ・リーグの豊蔵一会長は31日、今季2度目の退場処分を受けた広島のブラウン監督に対し、厳重戒告と制裁金20万円を科した。
同監督は29日の横浜12回戦(広島)の6回、併殺打となった倉の打球が自打球のためファウルと主張。17分間にわたって抗議し、「監督が5分を経過しても異議申し立てをやめない場合は退場」(12球団監督会議の確認事項)が適用されて退場となった。また、審判団の対応が中断を長引かせた一因と判断され、当該者が注意処分を受けた。


注意のみかよ。今回は何もジャッジをしないでタイム(手をあげましたよね)の間に相川がさらっと投げたような気がしたのですけど?
主審も自信をもって判断して欲しいですね。あの程度のファールが見えないって緊張感が足り無すぎるんじゃないですか?あと視力ね。公開して欲しいですね。
言って置きますが私は視力じゃ負けませんよ(笑)
あとライセンス制にしてそれも公開して欲しいですね。
そのぐらいのことをしないといつまでの審判の技術は向上しないのではないでしょうか。


■長谷川さんとの思い出(サンスポ)

現役時代をともに過ごし、監督として広島の黄金時代を築いた古葉竹識氏は「わたしが大事な場面でエラーをして、長谷川さんがベンチにグラブを投げつけていたのが思い出される」と思い出話を披露。「監督になってからは、臨時コーチを快く引き受けていただいた。素晴らしい投手陣を作れたのは長谷川さんのおかげ。感謝の言葉しかない」と話した。


こういう闘志のある投手がいて野手も育つのでしょうね。
最近の選手はおとなしいのかも。
長谷川さん、いまはヘタッピな選手ばかりだけどいつか大輪を咲かせますよ。
天国で見ていてくださいね。


■ミッキー君、頑張ったワン(サンスポ)

訓練士の上野智美さんによると、球場へ出発する直前、一緒に飼われている犬にかまれたという。「楽しんでいたけど、足が痛かったみたい。犬は治りが早いので次回(8月15日)は大丈夫だと思います」。


すごいなー、選手でも怪我をしても記事にn(以下省略

すごいなー、犬は治りが早いのか。・・来年選手登録しませんか?

こんな記事を見つけてしまった・・

■ミッキーが“プロ根性”見せた(デイリー)

訓練士の上野智美さんは「ミッキーからケンカを仕掛けるなんて初めて。暑くてイライラしていたのかもしれない。相手の犬は顔中血だらけで、もっとひどいケガをしていた」と話した。




ミッキー、お前がケンカ売ったんかぃ!(爆)
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。