スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

前田智徳は変わる

2005年12月31日
■前田智徳は変わる(広島Athlete)
前田アスリート昨日の続きで西日本編・・・と思いましたが今年最後の日記になりますので昨日購入したアスリートのお話を。
表紙を見た瞬間「買わねば!」と。前田だよ前田。しかも大野さんとの対談。
買わなきゃあかんでしょ?義務じゃないよ「衝動」。
さて内容ですがこれまたなかなか新鮮なものでした。
この数年の前田の成績を維持していたもの・・・奥様の存在が大きかったんですね。
血液検査に強引につけれていかれ医者から「これじゃ怪我しますね」とダイレクトスマッシュ!
そこから変わったみたいです。
私も実は喫煙者だったのですがレントゲン結果を前にして医者から「たばこ吸っています?明日から辞めて、影あるよ」と言われたときは怖くてピタリと辞めましたっけ。
また前田は来年の目標は「ヒット数」と。やはり順調にいけば再来年に達成する2000本へはかなり意識をしているようです。また全試合出場できるなら30HRをまたうちたいと。まぐれと言われたくないそうです。負けず嫌いです、前田智徳。
さらっと読んだ感想ですが前田にとって手本は前田自身であってライバルも自分自身なんですね。
とにかく全てがカッコイイんですよ。
来年もカッコイイ前田を私たちに見せて下さい!


■ガルシア年俸ダウンで残留(サンスポ)
これ大したニュースじゃないと思いますが、実はそうではない。
ガルシアってゴネゴネでしたからね。オリックスは毅然とした態度で「やなら辞めてもいいよ」。
結局他に行くこともできず残留でしかも3000万円ダウンの年俸1億3000万で合意。
21本塁打打ってダウンした助っ人も珍しいんじゃないだろうか?
その珍しさが大きなニュースというわけではなくこれからはあまりゴネ得は通じないということです。ゴネなきゃ現状維持だったろうにね。
悪い例が横浜のクルーンの契約。確かに人気の面を考えると残留して欲しかったのだろうけどそれを助っ人に求めるのもどうかと・・・しかも認めていなかった複数年契約。チームの輪を考えるといかがなものかと・・・オリックスなかなかやりますね。来年は清原、中村ノリが加わって注目度も高いですがこの球団の姿勢も注目していきたいと思います。
結構オーナーも力入っていますね。


■2005年を振り返って(NPBオフィシャル)

「フルスイング! プロ野球。」改革元年と位置づけた2005年、新たな試みに挑戦しました。セ・パ交流戦、アジアシリーズをはじめ、分離ドラフト制度、育成選手制度、有識者会議、抜本的な野球協約改定に向けた議論の開始など、今年のプロ野球は文字通り「フルスイング!」で駆け抜け、あっという間に1年間が過ぎ去りました。

ふーん。あっという間なのか・・・私としては近鉄とブルーウェイブを失ってまだ1年かと言う気持ちですよ。
パ・リーグもプレイオフ2年目。そしてロッテがついに阪神を破ってぶっちぎりの日本一。
我がカープは最下位だったけど仲間がたくさん出来た充実した1年でした。

皆様よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(3)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
前田智徳前田 智徳(まえだ とものり、1971年6月14日 - )は、平成期(1990年代-)の広島東洋カープ所属の野球選手|プロ野球選手(外野手、右投左打)。熊本県玉名郡岱明町(現玉名市)出身。血液型はAB型。来歴・人物熊本県立熊本工業高等学校時代には2
広島カープの前田選手は、このオフの間に野村監督の著書を読んだそうです。
今日は大晦日です。2005年、最後の日です。それにしても今年はカープにとって激動の一年でしたね。野村の2000本、そして引退。チームは最下位に転落しミスター赤ヘルが監督を辞任。新井のホームラン王。黒田の最多勝。前田の全試合出場。でも最下位。来年....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。