スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

黒田、報道に不快感

2006年10月29日
ササ・・ササ・・ササああああああ(><)。。

■佐々岡「飲んで本音で語って」黒田を止める!(スポニチ)

「いまファンの皆さまの一番の関心事はクロ(黒田)。思うのは一つしかない。残留してもらえるよう、できることを精いっぱいしたい」
「飲みに行ってみるかな。人生最大の決断。簡単にはいかない。来年はプレーオフがあるので彼がいないと戦えない」


嬉しいね。佐々岡がここまで考えてくれたなんて。
金本のときは黙っていたそうですね。気を使って。
でも黒田がいないとプレイオフは考えられないって。佐々岡ももう時間は限られていますからね。この熱い気持ちが黒田に届くことを願っています。


■黒田、報道に不快感…去就に関して「変化はない」(スポニチ)

黒田が“阪神移籍の意思を近い関係者に明かした”との一部報道に不快感を示した。「こういうことを書かれると色々な人に迷惑がかかる。関係者にしゃべったことはあり得ない」。この日は大野練習場での秋季練習に参加。去就に関しては「変化はない。じっくり考えていい形で整理できれば」と改めてFA宣言期限日の11月7日まで熟考する考えを示した。


慎重派のスポニチさんがズバッと来ましたね。まぁ当然ですけど・・・
昨日のニッカン信者は正座して3時間ほど反省してください。騒ぎすぎです。
阪神ファンの記者の捏造か、民社党の議員みたいに”ある関係者”に騙されたか・・・
どっちにしても迷惑なんですけどね、ニッカンさん。謝罪してよ。


■評価の基準(ニッカン)

FA権をもち去就が注目される広島黒田が、30日に球団と2度目の交渉に臨む。前回に引き続き、金銭面など「FA残留」した際の条件を提示される見込み。29日、広島・大野練習場で練習を行った黒田は「僕にとってお金や条件はあまり重要ではないけど、野球選手である以上、それが評価になってしまうとも思う。もちろんそれ以外の部分もあるけれど」と話した。来季以降のチーム構想なども、あらためて聞きたいという。


そのニッカンさん。何もなかったように普通の記事です(笑)。
でもいい記事ですよ。黒田が今年の契約の判断基準を名言しています。
この言葉通りでしたら金銭は大きな判断基準になりそうですね。ただ彼は昨年2億円に拘ったように投手全体のレベルをあげようとしています。
これはですね、評価したい点ですね。
ご存知の通り09年に新球場が出来ます。当然グラウンドは広くなり投手有利になります。
その上に力のある投手を揃えたらなかなか長打は出ません。やや打が低くなっても投を上げたほうがいいでしょう。まぁどっちが人気商売に向いているかと言えば打者を育てるほうなんでしょうけどね・・・ただカープは勝つことにもっと拘るべきでしょう。
今年の大社ドラフトも影響して来るかも知れませんね。
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。