スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

マーティーついに優勝宣言!

2007年01月24日
月曜日の「DoTheCarp(広島FM)」出演予定です、私が(笑)

■ブラウン監督“3月に紅白戦”で新人テスト(スポニチ)

「練習を含む総てで評価する。何イニングとかを決めながら。宮崎、上野、青木らがどういうタイプで、どこにフィットするか見極めたい」
新人にとっては過酷な指令といえる。指揮官が以前から強調してきた積極的な内角攻めへの評価は当然高くなり、メンタルの強さも判断される。だが社会人組は3月中の紅白戦を歓迎。過去に紅白戦で頭部に死球を当てた経験を持つ上野は「ベテランでも思い切って自分の投球をしたい」と力説。宮崎が「割り切ってどんな選手でも内角を遠慮せず投げる」と話せば、青木高も「チャンスをものにして結果を出す」と気合十分だ。


これカープ1年の命運を賭けるぐらいのテストだと思いますよ。
昨年までの現有戦力の戦力を底上げだけでは「優勝を狙うためには限界あり」。
つまり優勝の命運をかけたテストですね。前にも書きましたが、宮崎が勝てば大竹は尻に火が付いて爆発しますよ・・・ええもちろんいい方向に。

マーティーの優勝への本気度は下記のニュースでもわかります。
ついに優勝宣言!


■広島ブラウン監督が優勝宣言!(ニッカン)

広島マーティー・ブラウン監督が24日、広島市内のホテルで行われた広島ライオンズクラブの会合にゲスト出演。「精神力の重要性」というテーマで1時間の講演を行った。クラブ員からの「優勝を狙うのか、3位を狙うのか」という質問に、「3位を狙ってプレーオフ進出ではいけない。モチベーションを高めるためにも優勝を狙って、プレーオフに進出するつもりだ」と、優勝宣言した。


マイミクのジョニーくんからの情報です。
マーティーやっぱり宣言しましたか。タカヒロの声が届いたかな?
指揮官が最初から「3位を狙え」じゃぁねぇ...チームとして戦うならテッペン目指す!
これで選手のモチベーションもあがってくるでしょう。


■広島にこの男あり(週刊ベースボール)

昨シーズンから監督が代わって、それまで日本式にやってきたものの中に、外国的なものは取り入れられたシーズンになりました。例えば中4日のローテーションであるとか、球数制限であるとか。それを受け入れる上で、また新しいチャレンジという気持ちで僕自身取り組めたところが、いい意味であったんでしょう。それがいい結果につながったかもしれません。


考えたこともなかったのだけど。
もしマーティーが監督じゃなかったら黒田って残留したでしょうかね。
この記事を見てフト思いました。
技術的にはやはりシュートの習得が大きかったそうです。マーティーは内角に攻める投球は好きですから黒田は本当にマーティー野球のエースにピッタリだったんですね。

本日発売の週刊ベースボールの表紙は黒田です。すごくかっこいいですよ。
記事も巻頭のカラーです。絶対に買いですよ!
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
1年ぶりに週刊ベースボール買いました。(笑
あの表紙で特集で買わないほうが、カープファンじゃないですよ。
なんちゃって。

でも、よい記事でしたね。思いが伝わってきたと同時に、我々も
黒田と、カープのすべての選手と、がんばらないといけませんね。
今週号の週ベは黒田だったんですね。
ここ見るまですっかり忘れてました。どうもです!(^-^)
さっそく書店にTELして取り置きをお願いしました。
今から読むのが楽しみです。
>あの表紙で特集で買わないほうが、カープファンじゃないですよ。

TELさんやっぱ買わないといかんでしょ。週ベの編集者も売れ行き抜群で驚いている(と思います)。

>今から読むのが楽しみです。

あゆみさん、記事もなかなかいいですよ。
ファンに求めるだけでなく、まず自分で実績をあげるという黒田の姿勢が素晴らしいですよ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。