スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

東出のバント内野安打1本だけで勝利

2007年03月11日
お昼にケーブルTVの工事が終了したので、ESPNが視聴できました!

■広島、わずか1安打で逆転勝ち(ニッカン)

広島が競り勝ち、4勝1敗でオープン戦首位を守った。安打は東出の1本だけだったが、新井の犠打などで6回に逆転に成功。投手陣も長谷川のあとを継いだ林、広池が粘り、ソフトバンク打線を1点に封じた。ブラウン監督は「今日は投手がよかった。長谷川は成功するためには今日のように常にカウント有利の投球を心がけてほしい」と目を細めていた。


ケーブルTV会社のおかげで初回からTV観戦が出来ました。
カープの先発は長谷川、ホークスは斉藤。これがまた両者内容がすごくよかったです。

斉藤は初回からストレートのコントロールが定まりませんが、スライダーでしっかりカウントを整えます。結局打てずカープを5回0安打。間違いなく開幕投手でしょうね。

さて我がカープの先発の長谷川は開幕ローテへの大きなチャンスを掴みました。
バットをへし折ること3回。ストライク先行で追い込んで厳しいコースで打って取る投球はベテランのような落ち着きが伝わってきます。
5回2安打1失点は立派です。間違いなく先発ローテに入ってくるでしょう。

打たれた松中の一発も失投ではありませんね。
すこし外へスライド気味でしたよね。初球もいい球だったので、あれを打つのはやっぱり松中です。素晴らしいです。

松中も斉藤もパ・リーグでよかったです(笑)


■広島4番新井が勝ち越し犠飛(ニッカン)

広島新井貴浩内野手(30)が、4番らしい仕事をした。6回に1-1と同点に追いつき、なお1死二、三塁のチャンスで中堅に大きな犠飛を放った。2-1とする勝ち越し打に「チャンスだったので、走者をかえすことを考えていた。最低限の仕事はできたと思う」と満足そうだった。

さて打線ですが、今日は東出のバントヒット1本でした。
5番嶋、6番栗原が・・・・全然ダメ。打てそうにないです。
特に栗原は投手が投げ出すまでのアドレスに落ち着きがありません。
スイングからも自信が伝わって来ません。この時点でプロじゃないす。
オープン戦1安打でしたら、他の選手も起用してチャンスを下さい、マーティー。

尾形を守りで試したいでしょうし、大須賀を1塁という起用もいいと思います。
まだ6、7番の結論は早いですよ、マーティー。

あと何気に前田も2三振と気になりましたが・・・背番号が「24」だったので、中身も河内だったのでしょう。河内が2三振なら仕方がないですね(笑)


■白浜、フェルナンデスの“女房役”を見事に務めた (スポニチ)

白浜がフェルナンデスの女房役を見事に務めた。先発マスクをかぶり、ナックルを緩急巧みに要求。「外国人の投手は投げたい球を持っている。好きなボールを投げてもらう環境をつくろうと心がけた」。試合前の入念な話し合いの成果をみせ、無失点投球を後押し。フェルナンデスも「相性が良かった。やりたいことを理解し合った」と満足げだった。白浜はバットでも5打数2安打と好調で、初の開幕1軍へアピールをみせている。


白濱の株がグングン伸びていますよね。今日は中東が捕手として大村の盗塁を刺しました。
外野だけでなく捕手枠の争奪戦も激化してきました。
倉と石原が当たり前のように1軍・・・ってわけにもいかなそうです。


■裏金受領は東ガス木村投手、もう1人は早大外野手(報知)

プロ野球西武のスカウトがアマチュア選手2人に金銭を供与していた裏金問題で、社会人野球の東京ガスは10日、同社野球部の木村雄太投手(21)=秋田・秋田経法大付高出=が金銭を受け取っていたことを明らかにした。西武は同投手に270万円を供与したと発表している。1025万円余りを供与されたのは早稲田大野手と分かり、この野手の父親も同日夜、神戸市の自宅で「奨学金のようなもの」との認識で現金を受領したことを認めた。


球界がまた揺れています。
木村雄太本人は「その当時は家が金銭的に苦しかったので、少しでも足しになればと思った。(西武に)入団する名目での親への振り込みだと理解した」
早稲田の野球部員は退部確定だわな。
木村のロッテと相思相愛って何だったのでしょうか?
西武に入る意志がないなら返金では?
木村の問題はこれだけで済むとは思いません。

素直にカープに入っていたら・・・あ、お金の問題ですか、あーそうですか、そうですか。
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(3) | Trackback(3)
Comment
>木村のカープ拒否
お金の問題はともかくとしても、秋田経済法科大学付属高校出身の左腕投手は
プロ入りしてから伸び悩んだ前例しか見たことがないので、
個人的には木村の獲得を断念したと聞いて安心していた面もありました。

カープの育成能力に問題がないとも言い切れませんし…。(苦笑)
栄養費としてだか、家計が苦しいだか知ったこっちゃないけれど、30万円、手取りで稼ぐのがどれだけ大変なことか、そして、それが家族を養えるほどの大金であることをちっともわかっちゃいない!供与した球団側が一方的に悪いかのようにも報道されてますが、上の理由で享受した側も断罪すべきです。大衆に支えられているプロ野球界が、大衆を馬鹿にしている。

ただ、西武はよく情報を公開したとは思います。同じことは他の球団でもやっているに違いなく、そういう意味では、潔い西武球団の対応はそれなりに評価したいです。
M・Kさん
どうやら木村は高校時代にもお金をもらっている疑惑があるそうです。
調査をするとNHKで報道がありました。
カープに来たらこんな問題も起らなかった・・・のかな・・・なんて思っています。

ガビーさん
そうですね。発表に至った経緯はよくわかりませんが、この問題は西武だけの問題ではない気がしてなりません。
不二家のときのように「賞味期限でした」便乗発表がありましたが、ひょっとして今回も・・・なんて頭をよぎりました。

管理者のみに表示
Trackback
一連の動きに、どうコメントして良いのか分からないのだが。“西武裏金”木村の高校時代から開始まぁ、金銭供与の発表は青天の霹靂というか。それでいて、予想通りというか。木村投手は、高校の時点で広島東
予告どおり、ヤフードームに乗り込んできました。不思議な勝ち方、そして不思議な背番号(笑)ヤフードーム OP戦(4勝1敗)   1 2 3
長谷川、5回1失点で先発ローテ入り当確!ブラウンイズム浸透、1安打で逆転!新井「最低限の仕事」犠牲フライが決勝点! < ソフトバンク 1 - 広島 2 > [福岡ヤフードーム] 広島 1勝 0敗 0分け 広島   000 002 000 2ソフトバンク 00...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。