スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

落ちてきました・・・。

2007年06月06日
打てな過ぎるにもほどがある・・(コピペ)

■北海道日本ハム4-1広島(TBSエキサイトBB)

日本ハムが球団記録を伸ばし13連勝、交流戦は無敗11連勝で、貯金を今季最多の9とした。札幌ドームでの7連勝も新記録。日本ハムは2回、セギノールの11号ソロで先制。同点の6回、セカンド松本の悪送球で1点を勝ち越し、8回には、稲葉の6号2ランで加点。先発・木下は7回を被安打4、奪三振6、四球2、失点1で2勝目。武田久-MICHEALの継投でMICHEALは13セーブ目。広島は、喜田の2号ソロの1点のみで2連敗。なお、ヒルマン監督の13連勝は、05年のバレンタイン監督を抜き外国人監督のプロ野球新記録。

札幌まで行って2試合で1得点。イコール札幌まで観戦に行ったファンは1得点しか見れなかった。ってこと。
どう思うよ?選手諸君。武田勝と木下の先発で1得点?2敗?はぁ??
広島でやり直し!ソフトバンク&オリックスの4連戦は最低ノルマを3勝1敗で!
ほんと、ここで負け越しなんてしたらズルズルですよ・・。
横浜とヤクルトに調子が戻って来ましたよ・・。


■日本ハム・ヒルマン監督が事前に情報交換(ニッカン)

13連勝を飾った日本ハムのトレイ・ヒルマン監督(44)が「予告先発」をしていたことを試合後、明かした。広島ブラウン監督と互いの先発投手の情報を事前に交換。「アメリカでは先発を知らせるのが礼儀。向こうの誰が投げてくるかは事前に知っていました」と話した。米メジャー、マイナーでは通常のことだと力説し、2人の間ではフェアに戦ったことを強調。試合前には広島フェルナンデス対策で打撃投手を務め、ナックルボールを多投して勝利に貢献もしていた。交流戦ではセ・リーグのルールを適用し、予告先発はないが「当たり前のことです」と堂々と話していた。

なんだよ、ナクシーは奇襲でもなんでもなかったんだな・・・でペローンはどうしたの_?このままじゃマリンで見れないんだけど??

そう言えば今週の広島・・天気が怪しいんだよね。


<セ投手>
1 黒田 博樹 65,936 → 89,061
2 川上 憲伸 30,279 → 42,889
3 内海 哲也 27,241 → 39,355

<セ1塁手>
1 タイロン・ウッズ 58,967 → 81,349
2 李 承ヨプ 55,838 → 81,191
3 栗原 健太 56,847 → 75,362   3位に落ちました...。
4 吉村 裕基 30,617 → 44,394
5 A.シーツ 29,040 → 41,705

<セ外野手>
1 青木 宣親 79,352 → 110,447
2 福留 孝介 78,308 → 107,270
3 金本 知憲 65,543 → 94,182
4 前田 智徳 69,154 → 93,419   4位に落ちました...。
5 高橋 由伸 56,168 → 80,229
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
ボコボコにされた顔してるだろ、3位なんだぜ、それ…。嘘みたいだろ?投手はたいしたヘマもしてないのに、ただ、ちょっと普通のプレイをすればいいだけなのに、打てない、守れないんだぜ。 な、嘘みたいだろ。(某野球漫画「タッ○」の名シーンより)試合はリアルタイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。