スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

初のフルキャストスタジアム宮城

2007年07月06日
今日は仙台に来ちゃいました(笑)

■広島セットアッパー梅津が登録抹消(ニッカン)

広島のセットアッパー梅津智弘投手(23)が不振のため6日、出場選手登録を抹消された。開幕から安定した成績で勝ちゲームの終盤を任されていたが、最近は乱調続き。5日の中日戦(ナゴヤドーム)でも8回に1点リードを逆転されていた。梅津は「メンタル面より技術の問題。すぐにでも下で投球練習していい時の感じを戻していきたい」と険しい表情で話していた。今季は33試合で防御率5・35。

とうとうここまで来たか、という感想ですね。
梅津のためには早く抹消して再調整したほうがいいでしょう。今回はこれで正解。
春先はそんなにいいとは思っていませんでした・・・球が高くて。ただシーズン始まるとあれよあれよと防御率1点台の活躍。
気のせいだったかも知れませんね。ただここに来て疲れたのか、相手に研究されたのか、成績が振るいません。
これでセットアッパーは林と横山が中心になりますね。マルテ、カリダもここに加わって安定した活躍を期待します。

■東北楽天5-10オリックス(TBSエキサイトBB)

オリックスが今季2度目の先発全員安打となる16安打、2度目の2ケタ得点で10点を挙げ、楽天戦の連敗を3で止めた。オリックスは1回ラロッカ、ローズの連続タイムリー2ベースで3点を先制。2回に1点、4回には大引のプロ入り初1号ソロ、5回と8回にも加点した。先発の平野佳寿は7回を被安打7、奪三振7の2失点で1ヶ月ぶりの白星、5勝目。楽天は山崎武司の両リーグトップ、球団新記録となる29号ソロなどで5点を挙げるも、先発永井が3回1/3を8安打5失点、2人目河本、3人目青山も打たれ、今季40敗目を喫した。

さて今日は仙台にやってきました。
仕事では1回あったのですが、プライベートでは初めてですね。
急に休みが取れてしまったので、フラっと来てしまいました。
もちろんフルキャストスタジアムは初めて。ホテルで荷物を軽くして仙台駅前からのシャトルバスで球場へ。
数分で右手に球場が見えてきた・・・あれ?なんか中途半端なところで降ろされる。ここから歩けと。
まぁほとんど目の前でしたが、バスを降りたら球場が見えるような演出は欲しいところです。
FURUSUTA KURACHINA KARASUKO

まぁ普段関東の球場しか行った事のない野球ファンにはショックかもね。
球場の周りには色んなお店があります。グッズのワゴンが多かったな。
あと大事な食べるところもたくさんあります。バラエティー。
ミニパレードやカラスコのショーもやっていました。クラッチーナが浴衣で出迎えます。
今日は浴衣デイなる日だったようです。観客席にも浴衣の女性がいらしてました。

で、肝心な(試合じゃないのかw)食事ですが、山崎弁当(1000円)を買ってみました。
YAMASAKIBENTO YAMASAKIBENTO2

うーん、あまり・・・(笑)
同じ1000円なら黒田弁当のほうが旨いです。ただ福盛とか高須の弁当もあって選択肢が多いのがいいですね。
「東出・梵・中東のお子様弁当」とか出せばいいのに。

今回は折角なのでフィールドシートで観戦しました。
SCORE FS

あとで外野も行ってみたかったんですけどね・・・オリは立って応援しているのが20人ぐらいでしょうか(援団含む)。
しかもビジユニが2人しか見えませんでした。混ざりたかった、木元ユニで。

フィールドシートにしたのはサインをレプユニに頂きたいから。
サインはどうしても欲しい・・・でもないのですがユニには頂きたい。
と言いながらデイビーとローズに頂いちゃいました。
デイビーに「私はカープファンです」(アイムカープファン)と言ったら「私もカープファンです」と(爆笑)
デイビー、ほんといい奴だよ。サイン欲しい人にはみんな書いていました。まぁ10人もいませんでしたが。
DABY KIMOTO ONISHI

今回弁当以上にがっかりだったのは、フィールドシート。うーん、ネットがあるじゃん。
まぁ確かにエキサイティングシートという名称ではないけどさ、そのネットの間にまたブッ太い鉄棒があって見辛いったらありゃしない。
デイビーとローズのサインがなかったら相当頭に来ていたかも。これなんとかしなさい<ミキティ
結局、お目当ての木元とラロッカからはいただけませんでした。
でもベンチから何度か木元がこっちを見れくれて目が合ったので(←思い込んでいるだけ)それで満足です。
声かけをしたら手も振ってくれたしね。いつもやさしい木元、応援しているぞ。あ、大西さんからボールいただきました!嬉しい!

さーて、前置きが長かった(笑)。肝心の試合ですが10-5でオリックスの勝ち!
これで応援しているチームの連敗は11でストップしました。長かったなぁー、キダゴーのサヨナラヒット以来だよ。

ホームランは山崎の29号、こりゃ豪快でしたわ。もしかしたら明日30号が見れるかもね。
そしてチャドの3号、これも貴重。そして、そして”神の申し子”大引くんのプロ1号!(おめでとう!)
OBIKI ←ヒーローインタビュー

今回一番唸ったのはローズの5打席目のヒット。このヒットを見て「やっぱり55本打った男は違う」と思いました。
今日のローズの成績ですが、

・左 2 - 右安 - 左飛 - 三振 - 左 2  5打数3安打

猛打賞を決めたヒットですが、第3・4打席をじっくり見ていたので、5打席目のヒットの大きさを知りました。
まず3打席目ですが、2アウト2,3塁からラロッカを敬遠しての打席でした。
こりゃローズじゃなくても燃えますよね。河本は0-2とボール先行するのですが、3球目は振り遅れてのファール。
そして結果はレフトフライ。駄目押しを4番は果たせません。
この悔しさを引きずって4打席目。1-0からのボールは際どいが判定はストライクで2-0。
不満もあったのですが、ここでローズは打席をはずします。その仕草というか間の取り方ですね。
そこで「あぁ1球1球への真剣な打席が彼のすばらしいところなんだ」とビンビン伝わって来ました。

残念ながら我がカープにそれを感じることはほとんどないですね。
年間55本の日本記録、そして1年浪人しても4番に座ることが出来るのは彼の1球1球に真剣に取り組むスピリッツなんでしょうね。
結果は三振でしたが、次の5打席目でライトに大きなファール。
ここで勝負あり。若い青山は外角への球が多くなると予測。その通り→ローズは左へ大飛球。これで2人がホームに帰って来て駄目押しとなりました。凡退しても三振してもローズのハートの火は消えていませんでした。

さて先発の平野は・・・まぁ粘り強いピッチングでした(簡単すぎw)
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(2)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
大人サイズ、時間さえ可能なら名前をいれることも可能。がさばるものなので自宅まで配送されるのはとても楽です。うん、とっても使いやすい!ボールの回転も分かりやすいので、シュートフォームの改善にもオススメ!最近バスケを始めた社会人です。どうせならいい物をと、こ
アメリカのNBAの試合で実際に使用されている公式試合球です。06-07シーズン序盤、新素材のボールに変更になったものの、選手からの評判が悪かったため、こちらのボールに戻りました。メーカー:SPALDING社製サイズ:(本体)円周約74cm  (箱) 縦24×横24cm素材:天然皮革・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。