スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

神様のご褒美

2007年07月15日
試合の途中ですが、今日の試合は2005年の開幕戦の香りがしました。
最終回、何かがあると予感しました。

■讀賣2-4広島(TBSエキサイトBB)

広島が5/27以来の連勝で、今季初の巨人戦勝ち越しで、18カードぶりの勝ち越しを決めた。広島は1回、栗原の13号ソロで先制すると、逆転されて迎えた7回に廣瀬の5号ソロ、同点の9回には代打・嶋の2点タイムリーで勝ち越しに成功。先発・長谷川は6回2失点。3人目・上野がプロ初勝利、永川が15セーブ目をマーク。巨人は3回谷の9号2ランで逆転するが高橋尚成が7回途中2失点とリードを守りきれず、チームも今季初の3カード連続負け越し。貯金は9となった。3人目・豊田が4/20阪神戦以来今季3敗目を喫した。

予感的中しました。廣瀬の同点ホームランは正直ビックリしましたけど。
1度は谷のホームランで逆転はされましたが、初回の栗原のホームランは先発の長谷川を楽にさせました。あの低目を救い上げてのホームランは力のある栗原ならではでしたね。

今日は廣瀬と嶋に目が行ってしまいますが、長谷川も評価したいです。
確かに讀賣の拙攻に助けられましたが、彼なりに踏ん張った内容だったと思います。
6回を自責点2。2番から4番を3タコに抑えたのは立派ですよ。
大竹より私は信じていますから。
次回の先発を楽しみにしています。長谷川の腕の振りでしたら6回2失点で十分です。

さて予感の9回ですが、廣瀬にバントはどうなんでしょうね?
0アウト1-2塁で前の打席でHRを打ったバッターにバントなんて消極的過ぎると思います。まぁ原監督に比べたら焦りは感じませんでしたが・・・

今日はG+で中継を見ていましたが、謙二郎と掛布の解説。
二人とも疑問視していて、私もそして多くのカープファンが「助かったぁあああ」と思ったのが、

代打小関

「はあ?」でしたよ。1アウト満塁で二岡なんていままで何度苦い経験をしたでしょう。
そこで代打小関ですよ。一気に気が楽になっちゃいました。
そこを狙って来たんでしょうかね?しかし小関は今シーズン初打席ですよ。
いくら調子がいいと聞いていたからと言って打点50以上を上げている選手を引っ込めるのはわかりませんね。まぁそれで助かったんですけど。
運も味方してくれるようになったかな?

どうでもいいけど。二岡→小関、高橋尚→豊田
うーん、Gファンは複雑でしょうね。生え抜きから移籍組ですもんね。
まぁ同じ戦力って言えばそうなんでしょうけど。

そう言えば昨年の交流戦でも小関は話題になったよね(ベース踏み忘れ)


■気迫乗り移った決勝打 代打の嶋「神様のご褒美」(共同通信社)

2-2の9回2死二、三塁。代打で打席に向かう嶋は必死だった。前日まで打率はわずか2割1厘。2004年の首位打者はプライドをかなぐり捨てた。「内野ゴロでも1点入るかもしれないと思った。一塁にヘッドスライディングするぐらいの気持ちだった」
その気迫が、バットに乗り移る。カウント2-1からの内角高めの変化球を思い切りひっぱたくと、打球は右前へ。勝ち越しの2点適時打となり「辛抱してやっていれば、神様がご褒美をくれるんだなと思った」。塁上で満面の笑みを浮かべた。
嶋にとっては、不振だった05、06年以上に苦しいシーズンだ。オフは米国で体を絞り込み、動体視力を鍛えるトレーニングも取り入れたが、開幕後は右肩痛もあり、肝心の打撃の調子が一向に上がらない。先発を外れることも増えた。小早川打撃コーチは「ことしは1つの課題を克服すると、また別の課題が出てくる感じ」という。
そんな悩める男の意地の一打が試合を決めた。広島の2連勝は、約1カ月半ぶりだ。借金は18もあり、プレーオフ進出へは前途多難だが、「上を向いてやる」と嶋は力強く言い切った。

今日の林の配球とキレを見る限りは「こりゃ打てないわ」と思っていました。しかしたった1球甘い球が肩口に来ましたね。
あのコースを引っ張ってもっていくのは嶋の調子が上がっている証拠。
前回横浜で練習を見ている限りは嶋と石原しか調子のいい選手が見当たりませんでしたけどね。これで明日の浜スタの練習が楽しみです。
今日は嶋ファンは祝杯の連続でしょうね。久しぶりのヒーローやもんね。
嶋の気迫が林の失投を呼んだのでしょう。
おめでとう、嶋。おめでとう、嶋のファンの皆さん。私もファンですけどね(笑)
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(6) | Trackback(3)
Comment
その嶋ファンですw (仕事の時も毎日、嶋のリストバンドしていますw)
ホント、うれしかったです! いつか、いつかと待ってましたからね、嶋がヒーローになるのを。
決死の覚悟で思い切り良く強く振り抜いてくれました。ガッツポーズもカッコ良かった!
あの逆転打の前の外のスライダーを例の片手でクルっと腰回転だけでスィングして(絶不調なら力ない空振りなんだけど) カット出来たのは大きいです。最近は外角低めに逃げるボールが見極められていなかったんで、いい感じに向かって来てますね。

ヒーローインタビュー球場で聞きたかったです。なんでドームは聞かせてくれんのですかねぇ。

インタビュー後、あまり嶋コールが起こんなくて盛り上がらないんです。もっと嶋コールを響かせたかった。
嶋が盗塁した後も『いいぞ!いいぞ!しぃ~まぁ!』もなかったし。前田に集中ってのもあったんですかねぇ。
寂しかったです。
なんか、みんな嶋に排他的ですよ。大事なカープ戦士なんだから、もっと愛のある応援をしないと。

帰りに、あるファンの方が他のカープファンの方に嶋の布教w をされてたので 『もっと、嶋を応援して下さいね!』と
割り込んで言っちゃいましたw

帰って録画観たら、レフトスタンド、凄い声と音で驚きました。もう怒号w 完全に読売ファンを凌駕してましたよ。
実況解説も時たまかき消されてましたもんね。テンポもいつもの関東のよりもっと高速でした。
自分でやってる時は必死だったのか感じてなかったんですが、特に9回の応援合戦はすごかったです。
謙二郎さんも驚かれてましたよね。参加した一人としてうれしかったです。勝てたからなおさらです。

神宮2戦の時に書き忘れたんですが、
新井の打席の直前にバックネットからセンターにかけて虹が架かったんですよ。
ここで打てばレインボーホームランだななんて思っていたら、なんと! その虹をなぞる様な放物線のホームラン! そして不思議な事に、その虹は新井の打席が終わると共にスーっと消えてったんです! 
宮島さんが『新井よ、打て!』と架けてくれたんですね、きっと。 一生忘れられないホームランになりました。
嶋重宣の笑顔良かったですねぇ。

無表情の裏には、過剰な自信か、歯がいぃ思いのカモフラージュか・・・・・
周囲の者にとっては窺い知れない事ではありますが、想像はできます、しちゃいます。
この日の笑顔、ヒーローインタビューでのコメント。

本当に良かった、良かった。

重宣盗塁 →キャプテン あわやのセカンドライナー → 永川初球ストレートストライク

凪いで停船していた帆船ビクトリー号に、さあ宮島さんからの風が吹いてきましたよ。

「帆を上げろ!!」

◇新宿カープおやじさん

>なんでドームは聞かせてくれんのですかねぇ。

市民球場もしませんのであまりそれは強く言えませんねw

新井のときの虹は私も気づきましたよ。
隣の観戦仲間に教えていただいたので「ここでHRだね」と言ったらHRでしたw

共に的中でしたね。ちょっとその様子はこのblogでも書かせていただきました。


◇なにわ東洋カープさん
今日はもう帆を下げちゃったのですかね・・・
嶋はいい笑顔でしたね。今日も練習でいい顔をしていましたよ。
そうでしたね。市民球場もやってませんよねぇ。
どの球場も敵味方関係なくヒーローインタビューは流して欲しいもんです。

帆を上げそびれたのでしょうかね?
クルーを代えちゃったので、仕事の波に乗るのが遅れちゃったのかな?

重宣さん、ぶちニコニコ笑顔っすね。



◇なにわ東洋カープさん
嶋にはもっと活躍して笑顔が欲しいなぁ・・と思っていたら左投手が出たら控えです。
まだ本調子ではないんでしょうかね・・。

管理者のみに表示
Trackback
廣瀬、7回表高橋久から値千金の同点5号ソロ!代打嶋が決勝タイムリー!永川抑えて上野がプロ初勝利! < 読売 2- 広島 8 > [東京ドーム] 広島 5勝 7敗 0分け 広島 100 000 102 4読売 002 000 000 2勝利投手  上野  1勝 0敗 0Sセー....
7回裏巨人の攻撃、2-2の同点の場面先発長谷川さんの後を受けたリリーフ宮崎さんが1死満塁のピンチを作る。迎える打者は、4割を超える得点圏打率を誇る5番二岡さん。カープ絶体絶命のピンチ!((;゚Д゚)ガクガクブルブルしかしここで、巨人原監督がベンチから登
5月27日以来、久々の連勝です。長いトンネルでした。ここを逆襲に向けた連勝街道の入り口にしたい!   1 2 3 4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。