スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

嶋 逆襲へ!

2007年10月17日
んー、黒田そう来たか・・・

■黒田「カープ残留条件」に新井の残留挙げる(スポニチ)

「新井の残留」が残留条件!?FA権を行使してメジャー移籍する可能性がある広島・黒田博樹投手(32)が16日、広島県廿日市市の大野練習場での秋季練習に参加。広島残留の条件の1つとして、同じくFAで去就が注目されるチームメート新井の残留を挙げた。
「2年続けて100打点する選手は日本でも少ない。そういう選手が自分のチームにいるのは心強い。来年プレーオフに進むには最低限必要」
黒田が求めるのは優勝争いの緊迫した状況でのプレー。来季、新井なくしてCS進出はあり得ないと痛感する。ただ今年ともに戦って5位に終わったことで「さらにプラスアルファが必要」と新たな戦力補強の必要性も示した。

まぁタイトルは黒田のコメントから「まぁそういう解釈もあるか」と思うぐらいかな。
ただね・・・二人とも残るんじゃないかなって最近強く思う様になりました。
ほとんどのファンは「黒田メジャーで新井残留」って思っているでしょうけど、どうも黒田から「どうしてもメジャー」って香りがしないんですよね。
コメントもそのままですよね。メジャーの試合を見て刺激は受けている報道もありますが、昨年と同様にどうしても黒田の「メジャーの可能性もある」って発言に違和感を感じます。
勘ですけどね。


■「僕も優勝したい」気持ちは黒田と同じ 新井が心境(スポニチ)

一方の新井も来季、広島で優勝するにはエース黒田の存在が欠かせないと痛切に感じている。「僕も優勝したいし、優勝争いしたい。黒田さんと同じ考えで同じ気持ちです」。チームメートとして戦いたい気持ちはあるが、黒田が出した結論を尊重する姿勢。「悩んでいるのは知っています。どうなるか分からない。黒田さんは黒田さんの人生であるわけですから」。投打の中心選手が互いに複雑な心境で悩み抜いている。

この二人がタッグを組んでフロントに大きなメッセージを出していると信じています。←かなり大きな妄想だぞ、俺w


■嶋 逆襲へ!秋季キャンプ志願参加(デイリー)

満を持して臨んだシーズン。待っていたのは屈辱だった。100試合以上に出場したここ4年では、打撃3部門すべてで最低成績。失敗はもう繰り返せない。嶋はすでに逆襲へのシナリオを描いていた。プロローグは2年ぶりの日南秋季キャンプ参加。自ら志願して臨むのは初めてだ。

嶋はトレードがあるんじゃない?なんてファンの声もありますが、まぁマーティーは離さないでしょうね。
彼の打撃練習を見ていても「あぁ左の栗原だねぇ」。他にスタンドまぁ打ち込む選手ってうちにはなかなかいないんですよね。
今年はアリゾナの練習には嶋は参加しないそうです。練習方法を見直して来年に挑むのはよろしいことですね。
「3番嶋」のコールは来年何回あるのでしょうかね。首位打者を取ったときのような嶋に戻って来て欲しいです。(ついでに足ももうちょっと速くなって)
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。