スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

広島を見習いたい。自前で選手を育てていきたい

2008年01月08日
久しぶりにデイリーを購入したけどネタ(突っ込みどころ)満載ですね!

■赤松が新井の人的補償で広島へ移籍(デイリー)

想定していたとはいえ、痛い。夕刻、広島から阪神首脳に衝撃の連絡が入った。「人的補償として赤松選手をいただきます」。人的補償の対象とはならない28人(新人と外国人選手、FA宣言の下柳を除く)にプロテクトし切れなかった俊足外野手が広島へ流出する。
この日は午前中、甲子園クラブハウス内で仕事始めの年賀式が行われた。3年ぶりV奪回を期して、南信男球団社長が力強く年始のあいさつ。さあ優勝、いざ巨人を倒すぞ、という大号令のもと、球団編成部および営業部ほか各部署が一丸となって気勢が上がった矢先の“悲報”となった。

ひ、悲報なのかw
しかし「突然のことなのでびっくりしてますが、決まったことなので早く気持ちを切り替えて一日も早くカープで戦力になれるように頑張りたいと思います」の赤松のコメントには、

表現の端々に失意の色が垣間見えた。

(笑)

なんかいいね。妙に身内たっぷり(勘違いもたっぷり)ほのぼのなものを感じます。

そして南社長のコメントがなかなかいいですよ。

■南社長 広島型運営で「主力育てろ」(デイリー)

阪神は7日、西宮市内の甲子園室内練習場会議室で年賀式を行った。南信男球団社長(52)は、今季のテーマに広島型の選手育成重点への方針転換を掲げた。
巨人への対抗心をむき出しにする一方で、南社長は足場固めを口にした。
「毎年、FAや外国人を補強できるわけじゃない。広島を見習いたい。自前で選手を育てていきたい」
新井の獲得に成功したが、裏を返せば自前の選手が育っていないということになる。このままではいけないという危機感が方針転換という結論に達した。

すごいなぁ・・自前で育てたいけど、人材がいない場合は遠慮なく他所から獲得する。徹底しているのか中途半端なのか今ひとつ微妙なんですが??

それと紙面でしか見れないと思いますが。能見が新井に弟子入りをするそうです(笑) なんじゃそれ!
まぁ彼はよく打たれたので打者から見てどうなのか聞いてみたいそうです。弟子入りっていうのかそれ!w


■広島長谷川、新球で勝負だ!(ニッカン)

開幕候補の広島長谷川が新球スライダーで勝負をかける。昨年12月23日、千葉・銚子市での野球教室で市銚子高の先輩の石毛博史氏に投げ方を伝授された。巨人で93年に30セーブを挙げた同氏の握り方は、長谷川の得意球カーブと同じだった。この日、広島・大野練習場で始動した右腕は「違和感なく投げられると思う。カーブと違って切るイメージで投げたい」と自信を深めていた。

久しぶりに石毛投手の名前を目にしましたね。
好調のときには彼は本当にバッターは手が出なかったですね・・・心理面に問題があったのか永川チックになってトレードになりましたが。
長谷川には大きな期待をしています。是非開幕投手になって欲しいです。



スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。