スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

序盤からサク越えしてアピールしたい

2008年01月22日
この時期は若手のニュースが続くのがうれしいですね。

■広島鈴木、春季キャンプに初1軍切符(ニッカン)

大野練習場に張り出されたキャンプメンバー表を見て、表情をキュッと締め直した。「1年目はケガに泣いて、2年目はがむしゃら。3年目の今年は結果を意識するシーズンにしたい。ライバルはたくさんいるがこのキャンプはすべての面で自分をレベルアップしたい」と決意を込めた。

久しぶりに鈴木の話題ですね。
入団時は緒方2世と期待されましたが右肩を痛めて1年リタイア。その後、彼の様子を噂で聞きましたがあまりいいニュースではありませんでした。
そこに来て今年は1軍キャンプに参加。高卒とはいえ出遅れた分は取り戻そうと張り切るでしょうけど、怪我にはくれぐれも注意してくださいね。貴重な右の外野手・・・遠慮せずにはよ出てコイよ!


■“即戦力全員1軍”松山「サク越えしてアピールする」 (スポニチ)

期待の即戦力は全員チェックだ。大学生ルーキーの篠田、小窪、松山の3人は昨春の社会人4人に続いて全員1軍キャンプ参加が決定。阪神から移籍の赤松、横浜から移籍した木村と岸本、新外国人4人も1軍でポジション争いに加わる。松山は「序盤からサク越えしてアピールしたい」と意気込んだ。一方、主力では前田智が日南スタートとなる。

この移籍組みの全てが開幕1軍を迎えることは出来ないでしょう。結果を出せばマーティーは1年目からも起用します。逆に開幕2軍となると比較的春先は好成績のカープでは1軍への切符は当分厳しくなるでしょう。
松山はやはり飛距離にこだわっていますね。大きな当たりが続けば新聞でも大きく報道するでしょう。
周りの期待も大きくなりプレッシャーも大きくなる、そしてそれを打ち破って1軍に定着できる・・・・松山の未来予想図はこんな感じ?
大きく羽ばたいて爺ちゃんの牛を買い戻せ、松山!


■広島・宮崎 先発ローテ勝ち取る!(デイリー)

驚きは球威だけではなかった。投球フォームに改良が見られた。昨年は始動後、ゆっくり左足を上げていたが、その動作が速くなっていた。
「先発でやりたいので、試している段階だけど、より長いイニングを投げるために無駄な力が入らないようにするためです。無駄な力が入らなければ体も開かないし、打者の手元での質も変わってくると思う」

今年30歳になる宮崎にとっては1日1日が勝負。もちろん先発で投げてもらわないとカープのローテは回りません。
本人も先発で投げたい気持ちをもち、いい調整が出来ているようですね。気になったのがフォームの改良。左足を速く動かしている・・・松坂のようなフォームを連想すればいいのでしょうか。まぁ他にもいるけどやっぱり彼が思い浮かぶ。
大竹、長谷川、青木高、ルイス、建、そして宮崎。このうち3人が10勝出来たら・・・・阪神より上にいけると思います。←俺的目標w



スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。