スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

合計45球を投げ21球がボール・・・

2008年02月17日
試合に「勝て」とは言っていない
「ベストを尽くせ」と言っているんだ(カストロ)

■永川「今年も守護神だ」小林コーチが明かす(スポニチ)

今年も抑えは永川だ。日南2次キャンプ3日目の16日、永川勝浩投手(27)が初めてフリー打撃に登板。制球力を上げるために導入した腰をひねらない新フォームで打者2人に45球を投げた。うち20球がボールと課題は残るものの、首脳陣は08年のストッパーを永川にする考えを示した。
▼広島・小林投手コーチ 永川が抑えをやるのが理想。現時点では彼が抑えをやることでチームが機能すると思っている。ブラウン監督もそう言っている。
▼広島・永川 今の段階では悪くないと思っている。投げていけばもっと良くなる。オープン戦で5、6試合投げたい。


■永川、制球に苦しむ(ニッカン)

広島永川が今キャンプ初めて打者と対戦し制球に苦しんだ。試合形式で梵らを相手に合計45球を投げ21球がボール。安打性の当たりは3本だったが「今日初めて打者に投げたんで…。手ごたえというより無事に投げられてよかった。ストライクの球はまとまっていたが最後に乱れたね」と表情も曇りがちだった。

どう評価していいのかわからないですね。
フォームの変更をしない限り相手には球種はバレバレなわけで・・昨年と結果も同じと思いますが???
しかも「今年守護神だ」って。昨年は守りきれていないのですが???
岩瀬のような上原のような球児のような・・・とは言いませんので永川がコールされたときに
「あーーーー」とカープファンからため息が出ないような活躍を願います。


■天谷が「激」アピール(ニッカン)

強烈な太陽を浴びた天谷の上昇モードは守備にも波及した。ブラウン監督の見守る中での居残り特守。フェンス激突のダイビングキャッチに加え、背面キャッチも飛び出す始末。これにはブラウン監督もプレーを真似して大喜び。約200本のノックは終了と同時にその場にへたり込むほどの濃い内容だった。もちろん満足したのは本人だけではない。“激”プレーに刺激されたのか、ブラウン監督自ら歩み寄り、手を差し伸べた。
自慢の走攻守で首脳陣へ猛アピールした天谷がこの日、シ烈なレギュラー争いに加わった。

天谷が戻ってきましたね。
昨年の9月に大野練習場に入った時には一人別メニュー。全ての選手の練習が終わったあとで一人でもくもくと打撃練習をしていた姿が印象的でした。
あれだけ春に活躍して「さぁこれからだ」というときのリタイア。1軍に戻ることが出来ずにシーズンを終えたのは悔しかったと思います。
梵、赤松、中東、そして天谷。この4人のうちの1人が「開幕1番」となるでしょうね。しかも梵以外はセンターのポジションも同時に争うことになります。
紅白戦も大事ですがオープン戦ですね。ここで結果を出さないことには1軍登録も危ないです。
この緊張感が野手全体のプレイに影響するのでは?!と相乗効果も期待しています。



スポンサーサイト
野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
開幕1番の話題ということで…
東出は1番は狙わないのでしょうかね?
出塁率はそんなに高くないとはいえ、俊足選手ですからねえ。
2番でいいやなんて考えてると、8番とかもありうるわけで。まあ彼がどう考えているかは知りませんが、全然そんな話題が出て来ないので。

もっとも、1番を狙うとなると、盗塁技術をもっと高める必要がありますがね……
ちょいさん、こんにちは。
東出は1番タイプではないと思っています。
たぶん本人も。3割り打つには厳しいし、ランナーに出て相手投手を脅かす存在でもないですね。特にこの数年は1塁へ駆け抜けるスピードが落ちました。やはり持病の腰痛は影響しているのではないかと思います。
ながかーってのは、フォームも気構えもゼロからやり直さないと、ここら辺が限界という気がします。半分しかストライク入らないなんて、キャッチャーの練習台にしかならん。

今年も抑えが命取りですかねぇ。3年間だけでも務められる人出ませんかねぇ。3年したらアメリカから守護神が来ますから。
>今年も抑えが命取りですかねぇ

いくら先発がそろってもここで台無しになっちゃいますね。

コズロースキーが抑えに回るかもね。
 個人的には抑えは、永川の調子に関係なく、横山1本で行くべきでしょう、どんなに外国人の調子がよくとも。去年の交流戦・オリックス戦での京セラでの同点での延長戦をゼロに抑えた気迫の投球は、神かがりといってもいいでしょう、もちろん永川の制球の問題もありましたが。
 個人的には、いろいろ議論が出てくるでしょうが、7・8・9は青木勇・青木高か林・横山の方がまだ安心してみれます。青木高を先発にしたらまた5ぐらいの借金が出て、この時点でマイナススタートだということを考えてなくてはいけないですが、ショートイニングならいけると思います。

 1・2番にまだ東出が出てるのが驚きです。東出のチャンスの弱さを考えたら、もうスターティングから外すべきで、いろいろ考えてみると、天谷か赤松・小窪か梵の方がまだ安心できます。小窪のよさは、まだあまりに知られてないですが、選球眼です。あまり打率がよくなくても、出塁率が高いことはアマでも知られてて、これは選球眼が問われる2番の方が効果を発揮しやすいと思います。それで、クリーンアップとつなげはかなり効果は増大だと思います。(梵のトップが無理なのは去年を見ればわかります。)(東出がスタメンとして出たいなら嫌らしさをふんだんに増大させないと無理だと個人的には無理と思うところもありますので)

 この4人の中で1番・2番を打たせれば得点力は去年を上回ることは間違いないとは思いますが、どうでしょう。

追伸  いろいろあってメールのアドレスを変えましたが、今後は何かあったら書き込んでいきたいとは思います。
Mr.S.Cさん
横山は昨年までは1シーズンを通しての活躍が懸念されていましたが力を出しましたね。横浜での5点差逆転、ウッズにドデかいHRとまだまだ万全な安定はありませんが永川より全然安心してみることが出来ます。キレで勝負するピッチャーなのでコンディション次第では抑えも出来ると思います。

東出に関しては全面同意見です。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。