スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

いや、実はあれは本当にフォークなんです

2008年02月21日
昨日はYouTubeで先日の紅白戦を堪能しました。

■大竹シート打撃13人無安打(ニッカン)

広島大竹寛投手(24)が21日、シート打撃に登板し、打者13人に対して無安打と順調な仕上がりぶりをアピールした。犠打や右打ちなど打者側に条件が付けられた場面がほとんどだったが、右腕の安定感は際立った。低めにボールを集めてストライクを先行させることを心がけた。初めての実戦形式にしては、まずまずだと思います」と手ごたえを感じ取った様子だった。

大竹がこの調子で開幕を迎えることが出来たら文句なく開幕投手でしょうね。ただ・・・昨年も最初はよかった。連勝もした。でもいつの間にか「いつも通り」。
今年も同じだろう?と思っていましたが、先日の紅白戦のインタビューを聞いてちょっと印象が変わりましたね。
昨年ぶっ長面でファンにサインしていた(黙々としていたが正しい表現でしょうけどw)大竹が先日は一転明るく”内容のある”コメントをしていました。
エースは誰にも渡さない、自分が引っ張っていくという自覚が出来たのでしょうかね?

・・・まぁ去った人を言うのもなんですが、某Aさんは大竹をさっぱり信頼していませんでしたから、大竹にはいい環境になったんだろうね。


■ルーキー篠田“魔球”使える!(ニッカン)

中でも高い評価を得たのがチェンジアップだった。フォークのようにストンと落ちる。シュートのように外に流れる独特の軌道を持つ、篠田の得意球だ。すべて正確に低めに集まり、捕手の後方で見守ったブラウン監督をうなずかせた。
「フォークのよう? いや、実はあれは本当にフォークなんです。落ちが悪くて恥ずかしいからチェンジアップと呼んでいるだけで…」。指にはさむ握りは完全にフォーク。水本ブルペン捕手から前日「今日からフォークと呼べよ」と言われたが、この日もチェンジアップとして投げた。

篠田が初ブルペンの映像を見ましたがこの選手はイイ!プレートさばきが違います。
貫禄っていくのかな・・決してベテランのような落ち着きではなく、ちょっと新人にしては出来がいい印象。画像で見ただけですけどね。
そうだなぁ・・・「いかにもソフトバンクにいそうな雰囲気の投手でした」  でわかります?w


さて。ただいま「アンパンマン」の愛称で売り出し中の松山ですが。昨日はなんと三塁打!
各社報道していますが・・・
サンスポは控えめです → 「ぽっちゃりめの体を揺らして、三塁まで激走」
スポニチはスラっと報道です → 「巨体を揺らして全力疾走」
ニッカンはダイレクトスマッシュw → 「“走れるデブ”初三塁打」


■黒田博樹:初の連係も俊敏…広島からのファンの応援に感謝(毎日新聞)

ドジャースは野手組が合流し、全体練習が始まった。ミーティングではトーリ新監督が「みんながドジャースのファミリー。勝とう」と選手を鼓舞した。
1年目の黒田は「いよいよ本格的に野球をする環境になってきた」。初めての連係練習では俊敏な動きで打球をさばいた。この日は広島から駆けつけたファンの応援を受け、「わざわざ来てくれてありがたい。期待に応えたい」と感謝した。

熱心なファンがいるんですね。でもなー、黒田だもんね。私もお金と時間さえあったらロス滞在したいですよ。
あ、でもカープの試合が見れないか(笑)
来年なんとかロスに行きたいと思っています。待っていてねー!黒田!



スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。