スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

投手が無四球だったことも勝利の要因

2008年02月23日
昼はオープン戦をTV観戦、夜はカープファンで新年会とパラダイスな1日でした。

■広島快勝にブラウン監督「理想的」(ニッカン)

広島が投打のかみ合った試合運びで快勝した。2回に新人松山の右越え二塁打で先制し3回、4回にも加点。投げても先発青木高から計7人のリレーで1失点にしのいだ。ブラウン監督は「いい試合だった。点の取り方も理想的。投手が無四球だったことも勝利の要因だ」と満足そうに引き揚げた。

ややカープのほうが1軍選手の出場の多かったゲームでしたが、見事に勝利!
何より「無四球」というのは収穫あり。これはいくら相手が2軍級でも攻めて投げない限りは出来ない結果。
このゲームを引き締めたのは先発のペローンですね。
昨年とは違った印象をファンに与えてくれました。球にキレもありストライクを先行してやや甘い球でも打ち取る。
3回2安打無四球無失点は文句ないでしょう。次回1軍を揃えた相手との対戦が楽しみです。なんかペローーーーンとは呼べないプロの風格が出てきました。
開幕ローテーションは間違いなく入ってくると思います。明日の西武との練習試合はルイスが投げるそうです。こちらも楽しみ♪

H 0 0 0 1 0 0 0 0 0   1
C 0 1 1 2 0 0 0 0 X   4

野手ではやはり松山が目につきました。もう「次の打席はいつ」な楽しみが私に出来ました。
見事に4打数2安打。サードへの暴走と思いきやいい判断だったと思います。アウトにはなったけど審判によってはセーフコールになったかも。
そして2打席目も思い切り初球をライト前。ルーキーでここまで振り切って結果を出すのは立派立派。
開幕のドラゴンズ先発は川上が予想されますので、ドラゴンズに攻めを分析されているアレックスよりも松山を起用してくるかも?!
それにマーティーが予てから希望している「3番で左打者」が他に見当たりません。
赤松もセーフティーバントを決めてアピール、そして2番候補の天谷はライト前、木村はレフト前、東出もタイムリー。
赤松の足が今日のように使えるならば1-3塁にして3番打者は引っ張っていきたいところ。
今日も内野ゴロで2点取りましたが、あんな展開が増えることが出来れば相手投手は「1,2番は塁は出さない」という意識が高くなる。
そして3番、4番が打ち崩す・・・。先制してあとは後ろがしっかり抑える。
今日はその可能性を十分に感じることが出来た試合でした。

上野だけがピリっとしませんでしたが、梅津は先日の紅白戦を挽回する内容。ペローンと並んで「お!今年は」と思わせたのは佐竹。
岸本もまずまずの内容。勇人も横山もうかうかしていられません。中継ぎは手厚くなってきました。


・・・あとは抑えだ。       ←最近こればっかだ。



スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
Jスポーツで ホークスvsカープのオープン戦を見ていました。 青木→上野→佐竹→梅津→岸本→マルテ 正直、上野はちょっと厳しいかな、という印象でした。 ま、それよりも なんでこの時期に新垣渚が登板??って感じ。 暴投王の片鱗が見えましたね。 西山の出...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。