スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

俊足野手で組む上位打線

2008年03月11日
今日は緊急なカープ呑み。楽しかったぁー

■天谷「開幕2番」着々(中国新聞)

2003、04、06年のウエスタン・リーグ盗塁王。来年の新球場移転を見据え、野手のスピード化を図るチーム方針にうってつけの存在だ。オープン戦は全4試合に先発し、打率4割6分2厘をマーク。監督の構想では、1番が05、07年のウエスタン盗塁王の赤松真人外野手、3番が昨季20盗塁の梵英心内野手。これら俊足野手で組む上位打線を今季の目玉にする考えもある。

「考えもある」じゃなくて「上位打線が今季の目玉だ」と断言までには至っていないのでしょうかね_?
昨日の紅白戦もそうですが、マーティーは梵を1番はまだ検討の範囲なんでしょうね。1年ですが実績もありますから1軍に不慣れな赤松・天谷のダブルエーが調子悪いときも考えているのでしょうか。
しかし梵、東出でもし開幕を迎えても刺激がないなぁ。チーム内も足を絡めた野球がぼんやり見えて来たのですから、ここでトーンダウンはどうなんだろ。
ファンも「えーっ」って感じで相手チームも「去年と同じぐらいの力かなぁ」と変わり映えのない印象を与えるだけではないか、と。
もちろん現在は競争をさせているのでしょうが、開幕ではワクワクするような打線で1年間がワクワクするような結果が残せるのを願っています。
このダブルエーが活躍をすれば、「03から07年は盗塁王コンビ」というキャッチ(こんなダサくないと思うがw)が紙面を飾るのではないでしょうか。ほんと、そんな日を願っています。

赤いイチロー  ・・・それって末永のときも・・・。


■嶋が教育リーグで実戦守備へ(ニッカン)

左ひじを痛め2軍で調整中の広島嶋重宣外野手(31)が、13日の教育リーグ中日戦で故障後初めて実戦で守備につく。教育リーグではすでに指名打者で出場。本塁打も放っており打撃は問題ない。「いつ1軍に呼ばれてもいいようにやっている」。山崎2軍監督は「実戦で守らせてみて、順調なら来週ぐらいに1軍に推薦する」と早期1軍復帰を示唆した。嶋は沖縄自主トレ中の1月25日の打撃練習の際に左ひじを負傷した。

嶋ァ~、もう戻って来ても守るところがないぞー・・・。私としては左の3番にチャレンジして欲しいのですが、このままだと代打ですね。


■坂本、勢いを取り戻す4安打(讀賣新聞)

不振の続いていた巨人の坂本のバットが、勢いを取り戻した。
二回に左越えの先制二塁打を放つと、第2、3打席は安打で出塁。第4打席も中越え二塁打で、4安打をマークした。
この試合まで10打席連続無安打で、打率も1割5分4厘と低迷。10日の練習では、原監督自ら打撃投手を務めて、マンツーマン指導も行われた。その監督の期待にしっかり応えて見せた。

勢いを取り戻せ、松山・・・。



スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。