スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

そこにネックレスという新しい「おしゃれグッズ」が加わる

2008年04月17日
あ あ 残 念 だ な あ 甲 子 園 中 止 か よ

■コイ投のWA!おそろいのネックレス発注(ニッカン)

広島の投手陣が斬新なアイデアを取り入れる。開幕後に長谷川のほか梅津や林が中心になり、そろいのネックレスを作る案を出した。高橋、広池らベテラン勢も一様に快諾し、投手陣全員が同じネックレスを装備することが決まった。
以前から投手陣のまとまりには定評があった。毎年、シーズン前には2軍も含めた全投手の名前がプリントされたTシャツを作成。デザインも凝ったもので、練習時に多くの選手が愛用している。そこにネックレスという新しい「おしゃれグッズ」が加わる。

で野手陣のまとまりにはどうなっているのか、そこを詳しく柏原記者!
練習を見ていても投手陣はいつも雰囲気がいいですよね。やっぱり建、広池の人柄なんでしょうかね。
それに比べて野手は・・・まぁ雰囲気がよかったら選手会長任期1年を残して移籍(裏切り)なんてしなかっただろうしね。
こういってはなんですが前田、緒方の両ベテランと他の野手との関係は「びみょー」なんでしょうね。
そもそもこの二人が話をしているところなんて見たことがありませんしね。
その辺は薄々気づいてはいましたよ。その辺の選手間の雰囲気が新井の移籍の理由でしょ?もちろんどんな理由でもタンパリングを利用して同一リーグの阪神に行ったことは許せないけどね。


■3連敗、40イニング適時打なし(ニッカン)

広島は今季2度目の3連敗で、借金も最多タイの4に逆戻り。得点は初回のアレックスの先制4号ソロの1点だけ。下柳にあっさり完投を許した。40イニングも適時打が出ていない打線について、ブラウン監督は「4番の栗原が15試合でまだ(本塁打による)1打点だけ。それがチーム状況を表している」と淡々と振り返った。

しかもその1点ってソロホームランの1点でしょ。こりゃ勝てないわ。
チャンスメークが出来ても「打点を捕る」ことが出来ないと4番は失格。でもね、新井が急に抜けた後の栗原ですからね。私は調子が出てくるのを待っていますよ。大丈夫です、そろそろガッツンガッツンと打ってくれます。
あとは1,2番の出塁ですね。天谷、赤松が相手の投手にプレッシャーを与えるような活躍にはまだまだ時間がかかるでしょう。
でもここまで来たら前半戦は辛抱強く使って欲しいですよ。「ただ希望もなく負ける」のとは違うのですから。


■赤松、古巣相手に意地見せるセーフティーバント(スポニチ)

赤松が古巣の阪神と初対決。6回までの3打席こそ凡退したが、4点を追う8回1死一塁で三塁線にセーフティーバントを決め(内野安打)意地をみせた。前回の地元3連戦は離脱中。先送りとなっていた古巣との対戦には「特に何もない」と素っ気なかったが、自慢の足を生かした8回は「点差が点差だし、どんな形でも出塁して走者をためようと思った」。ただ、敗戦に表情はさえなかった。

赤松のプレイはオープン戦のときから感じていましたよ。彼は足を生かしてなんとしても塁に出ようとしています。自分の役割というのかな。足にはスランプはありません。代走にしておくのはもったいないです。
守備の面でも彼がいたら投手は頼もしいでしょう。1点を捕ることは出来なくても1点を防ぐことはできます。
浅いイニングで点を取り中継ぎが辛抱してゲームに勝つ。このスタイルをカープが理想とするならば赤松の存在は絶対に必要です。
私は前田をスタメンから外しても彼を出場させて欲しいです。
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
マエケン抹消、しかも上げるのは永川ですって。

マーティーは3年目で狂った。
 前田健に関しては、登板間隔が開きすぎるからでしょう、普通に考えても。
 永川を入れるよりは誰を入れるべきでしょう、河内・佐藤は1位で獲得した割には他球団の同時期の1位の成長曲線と比べてもめためたな状況だし、かといって左を抑えるには誰がいいかといっても、これといった人はなし。シュルツも何回か投げさせるしかない、等の消去法でこうなったと考えるしかないでしょう。

 ただ、永川も正念場でしょう、もし1回投げて駄目なら、即刻トレードに出してしかるべきでしょう、複数トレード(もちろんこちらが複数側)で投手なり打者なり、チームの雰囲気を変える人を1人取るべきでしょう。打者なら、前にもいったように2番を打てる人が、投手なら左腕できっちり左右関係なく抑えられる人でどんな状況でもチームを盛り上げれるような人がほしいですね、今のチームにかけてるような性格の人が。


 後、このコラムに関係ないかも知れませんが、他の掲示板でも「オーナーを変えないとチームはだめになる」というようなことが書かれるような状況になってます。もう、明日からの巨人戦でもそういった横断幕を張って、徹底してファン・チームが戦うべきではないころに差しかかってます。そうして、チームをファンの元に戻し、チームに熱意ある人にオーナーになってもらい、今のオーナーにはさらし者みたいなことをさせ、もう関わってもらいたくないような空気がでてますね、個人的な意見も多少混じりますが。

 キャッチャーに関してはこのまま石原がマスクをかぶると去年の交流戦のような状況になりかねないです、このまま彼がマスクをかぶるとしたら、確実に飲食物なり何なり彼のところにふりかかってくることは必至でしょう、現にアメリカではそういったブーイングが起きたことも(今もかな)あります。

 ともかく、今こそチームのために何かを起こさないと、30年最悪な状況になりかねません。これについてどう思いますか。いろんな意見を見たいような気がします。
> 前田健に関しては、登板間隔が開きすぎるからでしょう、普通に考えても。

登板間隔が開こうが、マエケンには1軍の試合を肌で感じさせ続けるべきだと思います。ベンチから見ているだけでも勉強になることは山ほどあるはず。

キャッチャーの上村もそうですが、今があるいは一番の伸び時、そういう時に1軍ベンチに置かないのでは、育つものも育ち切らないかと。
◇Mr.S.Cさん
横断幕は規則上応援団のように許可がないと出来ません。
また数多くの賛同者が必要となります、賛同する人が現実いても取りまとめる人が必要です。
現状としてはオーナーが球団を手放すことも非現実的です。
では黙ってファンは指をくわえているしかないのか?という問いになりますが、それはNO!です。

私は現状は「仕方がないと」きっちり割り切ります。自分で行動できないことを(取りまとめ)言っても前にすすめません。それよりも「出来ることをする」が大事だと思っています。

私自身は球場に出来るだけ行って選手に声をかけることです。「昨日はナイスピッチング」「今日は期待しているよ」などなど。誰だって褒められたり「ちゃんといつも見ているよ」と言われて気分を悪くする人はいません。

球団の体質を変えることはファンに力ではなかなか出来ません。それは選手も思っていることでしょう。我々ファンより苛立ちもあるかも。新井はそうだったかも知れません。

しかし選手はどんな苛立ちがあっても目の前の試合に挑みます。そんな姿を出来るだけ応援するのがファンとして出来ることだと思っています。

よく「グッズを買って少しだけでも球団のために」という声もあります。でもちょっと私はそれには違和感を持っています。もちろん球場になかなかいけない人のココロはわかっています。私が球団に出来ることは選手を励ますこと、そして多くのファンが「球場に行きたい!」と思ってくれるような活動をすることだと思っています。すごく間接的ですが、その力が選手に伝わって常にAクラスで戦うチームになってくれたらと思っています。微力ですけどね。

そんなスタンスですのでMr.S.Cさんのお気持ちを全部汲み取ることは出来ていません。その点はご了承下さい。

☆ガビーさん
マエケン2軍はびっくりしました。
怪我や登板して打たれたのならわかりますが、彼は1年間ローテに入って昨年のペローンのように辛抱強く起用してくれるのだと思っていました。永川ですか。2軍でもそういい評判は聞かないのですが・・・何か名前や過去の実績に縛られていては「実力主義」に反する気もします。
とりあえず30試合は辛抱強く見守りますが・・・・
本当に永川上げちゃいましたね。

落としたとき、完璧になるまであげないようなコメントがあった気がしやすが。どう見たって、下で投げとる永川を見る(ナマですぞ)限り、そうは感じられやせん。
まず、ストレートとフォークを同じフォームで投げられるようにせい。いまじゃすぐわかるじゃろ。

逆にマエケン。あっしに言わせると、「彼を一年使い続けたら5~8は勝つ」とみなに言っておりやす。まあ、打線とか兼ね合いがありやすから、実際の勝ち星は別にして、それだけの期待をさせる力量が彼にはありやす。

ところで↑に、オーナー云々とありやすが、どうにもできぬことをあれこれ言っても仕方ないと思いやすが。もう少し勉強され、現実をよう把握して欲しいと思いやすぞ。
追記
>選手に声をかけることです。「昨日はナイスピッチング」「今日は期待しているよ」などなど。


その通りですじゃ。
トミーリーさんもご存知じゃと思いやすが、同じ手法で、あっしはいろんな選手と馴染みになりやした。

その選手は数多くおりやすが、たとえば廣瀬。数年前、彼が一軍目前の時手首にデッドボールを受けて骨折したことがありやす。このことなんてマスコミのどこにも載っておりやせん。大野で悔しい思いをしながらリハビリしとったんですじゃ。

それを見とったあっしが「気持ちを切らしちゃダメぞ。期待しとるぞ」っちゅうて声をかけたんが縁で、いまや・・・・・(ここ書き込みしやせん・笑)

グランドから廣瀬が「はち兵衛さ~~~ん。・・・・・」ちゅうて声をかけてくれるんじゃから。これほど嬉しいことないですじゃ。
あっ、書いてしもうた(爆)
>はち兵衛さん

ただ頑張れと言われても選手はどうしようもないですもんねぇ、すでに頑張ってるんだし。僕も去年、大竹が1失点完投した翌日の横浜で、外野席上段から友達と声張り上げて「大竹~、ナイスピッチング!!」と声かけたら、大竹君、嬉しそうに静止して、帽子とってお辞儀してくれました。

ちなみに外野席の皆さんもすごい。僕らの声にメガホン叩いて呼応してくれたんで、大竹は相当うれしかあったはず。ま、由宇と違うんで、はち兵衛さんみたいに憶えてはもらえないけれどw。

そうやってみんなで選手を育てる、それがカープならではの流儀。よそからの補強を全て否定するつもりもないし、必要なKYなところで打つ助っ人は多いに結構。でも今年のメンバーって...。
◇はち兵衛さん
あげちゃいましたね、ナガカー。でも昨日の梅津の起用を見るとなぜにナガカーをあげたのかがよくわかりません。ただあそこでナガカーが出てきたら私はきっと(以下省略しておきます)w

◇ガビーさん
ガンバレは何も思いつかなかったときの便利なコトバですね。それじゃぁ選手に響かない。選手はファンに見てもらってなんぼ、喜んでもらってなんぼ。
そう考えると新井はファンのためじゃなく自分のためだけに野球をやっている選手とわかりやすいですね、はい。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。