スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

うちの打者がどういう対応を見せるか見てみたい

2008年06月02日
残念ですね・・

■高橋が左手骨折…日本ハム(報知)

1日の阪神2回戦(札幌ドーム)で左手に投球を受けた日本ハムの高橋信二捕手が2日、札幌市内の病院で精密検査を受け「左小指中手骨の骨折」と診断された。全治約1か月で、3日に出場選手登録を外れる。
梨田監督は「代わりの選手はいない。何とかやるしかない」と苦渋の表情で話した。高橋は今季、45試合で打率2割9分5厘、4本塁打、24打点をマークしている。

「地図で見ると3cm!」←これ意味わかる人はいますか?w
その3cmの場所に札幌。明日からカープは札幌でハム戦なのですが、信二が骨折していたと。ヒチョリもいない緊急事態。
中心選手がいないとカープに有利?いえいえ、このチームは「勝つ」ということへの執念はカープよりもずっと上ですよ。一昨年のアジアチャンピオンですからね。
ぞれに主力選手が揃っている中で大竹には投げて欲しかった。これからの成長のためにね。

先発がやや計算できない両軍。ハムはグリン、ダルビッシュのどちらか。いずれにしてもこの二人がこの2連戦で投げるでしょう。
そしてカープは大竹とルイス。中4日ならばルイスですが・・・さて「ダルビッシュと投げ合うのはどちらか」。出来れば大竹にこの貴重な経験をしてもらいたいのですがね。
日ハムのエースの姿。年下とは言え、ダルは大竹よりも力はありチームの中心となっているのは間違いないでしょう。

あとテンポのいい投球にも影響して。


■ブラウン監督、ダルとの対戦心待ち(ニッカン)

広島ナインが2日、仙台から札幌に空路移動した。札幌ドームで約2時間の全員練習。交流戦はここまで6勝4敗と好調だけにブラウン監督も気合十分だ。第2戦で先発が予想される日本ハム・ダルビッシュに対しても「非常に楽しみ。うちの打者がどういう対応を見せるか見てみたい」と、就任3年目の初対戦を心待ちにした。

そう言えば交流戦が始まるときにダルが「広島と横浜と対戦するのが楽しみ」と。ネットのどこかで「なめてんのか?」なんてカープファンの発言もありましたが(苦笑)。普通にダルも対戦を楽しみにしていたんでしょうけどね。
”うちの打線”はやはり1,2番打者がキーでしょうね。大量得点は望めませんから1つでも先の塁を奪って3番オチョア、4番栗原、5番前田でランナーを返す。そして自慢の中継ぎをうまく起用して逃げ切る。
これでしょう。ハムの注意する打者は賢介と稲葉。この二人の長打に注意です。

聞いているか?大竹?w


■ブラウン広島3位浮上!長谷川復活2勝(ニッカン)

 「1軍で投げられる喜び…」。試合後、長谷川はヒーローインタビューでの言葉を繰り返した。今季は開幕3戦目に登板したが、状態が上がらず黒星が先行した。1勝4敗、防御率は6点台となった。5月6日に2軍降格。3週間を超える2軍生活が始まった。「何でダメなんだろう」と自問自答を繰り返す日々。出た結論は「ガムシャラ」だった。「結果ばかり求めすぎていた自分がいた。基本的な部分は変えずに、厳しい練習を積んできました」。そう語る顔は幾分誇らしげに見えた。

4人目のローテ投手、最有力ですね長谷川。
実は長谷川って投手は私と相性がいいのかなんなのか。初の市民球場で見た試合が前田のセカンドゴロで1-0で勝利。そのときの先発が長谷川だったんです。そしてヒーローインタビューも長谷川。
池山の引退試合も現地で見ていますから「あの3球」も目に焼きついています。
昨日の試合は近くで見ていなかったので詳細はわかりませんが、ひょっとして・・楽天ベンチには”長谷川のデータがない”とか?
まさかウエスタンまでスコアラーは来ていないでしょうし、今年登板した1軍の試合は崩壊だらけで参考になるものも少ないとか・・・つまり「いいときの長谷川」の資料が少なかったのでは?とあくまでもネガティブな分析(苦笑)。
冗談はともかく。長谷川がこれで安定して、明日先発が予想される大竹の調子が出てきたら「Aクラス」は夢じゃない。篠田、大島、マエケンを谷間で十分に起用できる。

なんか楽しいぞ、先発がやっぱり揃わないとお話にならないね。打線が強力ってわけでもないから。
そのお手本となる日本ハム。この対戦は非常に楽しみです。



スポンサーサイト
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
なんだか楽しい。  それです。 それそれ。

5割付近で戦ってくれるとなんだか楽しい。
長谷川
序盤は球が高めに浮いてて『今年の長谷川だなぁ…』と思って見ていましたが、序盤のピンチをアレックスのレーザービームと石原のナイスブロックで凌いでもらってからはわりと低めに、石原の構えたとこに大体行ってました。

6回70何球無失点は出来すぎですが、次回も同じように投げてくれれば6回2~3失点ぐらいは期待できそうな気がします。

大島や青木高は交流戦中は中継ぎのロングリリーフ的な起用になりそうですし、長谷川に期待ですね。
建さんとルイスの精神的負担を少しでも減らしてあげてほしいです。
◇イズタマアルさん
5割いくかいかないか・・・ここが壁ですね。
どうしてもいまは連勝が出来ないので辛抱ですね。

◇哲さん
序盤の長谷川はいつも通りでしたね(苦笑)
楽天の拙攻に助けられました。守備からリズムを取り戻した長谷川・・・今度は打線にリズムを与えるようなピッチングを期待しましょう。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。