スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

世界にはもっと厳しい日程の国もある

2008年07月07日
明日から上位2チームと6連戦!

■5割挑戦9たび失敗…広島(報知)

広島は昨年5月以来となる勝率5割をまたも逃した。7回に東出の適時打で追いついたが、直後の8回に3日連投のシュルツが四球からリズムを崩し3失点してしまった。
ブラウン監督は「競った試合ばかりして中継ぎ陣に負担をかけている。しょうがない」と淡々。今季は勝率5割に9度挑戦してきたが、2分け7敗。プレーオフ進出に向けて「5割の壁」を何としても乗り越えたいところだ。

「2分け7敗」
これだけ見ると昨年と凄い負けている気分なのですが?(w
借金1への挑戦の勝率記事も一緒にプリーズ!


■高橋「あれは防がないと」好投見せるも被弾悔やむ(スポニチ)

先発の高橋は青木に被弾した一発をとりわけ悔しがった。1-1の6回に内角高めに入った初球のスライダーを右越えソロ。「あれは防がないといけない。スライダーは投げたくなかった球。自分の中で整理をつけずに投げてしまった…」。それでもトータルでは6回を6安打2失点の好投。青木に打たれた直後には、畠山のライナーを左太ももに受けながら志願して続投、後続を断った。「足は大丈夫。青木の一発以外は粘れたと思う」。指揮官は「ナイスピッチングだった」と称えていた。

建がリタイアしてしまったら経験不足の先発投手ばかり。
これに続かなかればいけない大竹&長谷川がご存知のありさま。この二人はルイスのいないチームの危機になにを思う。
苦しいけどここはチャンス。チームの危機を救えばファンの印象も変わる、もちろん本人の自信にもなる。
この数日同じことを書いていますが、火曜日からはピッチャーフェチにはたまらない6連戦になります。


■佐藤寿が闘志見せた ケガもなんの2得点(スポニチ)

今季は日本代表に招集されて欠場した6月21日の水戸戦を除き、全試合に先発出場。昨季は日本代表とリーグ戦を掛け持ちしていたこともあり、J2の年間42試合の日程にも弱音は吐かない。「僕くらいのスケジュールでは悲鳴なんて上げていられない。世界にはもっと厳しい日程の国もある」。主力にケガが相次ぐ中、チームをけん引する。

いまカープに欲しいのはこんな男気のある”プロ選手”
ナニクソと負けない気持ち。この姿にファンは声援を送り、この気持ちは結果につながる。
そんなカープを私はいまみたい。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
先発ピッチャーの絶対数が足りないですよね。

無理をさせない試合(言いにくい…)を作るしか無いような気がするけど。 経験のない若手を使って。 どうでしょう。
◇イズタマアルさん
経験のない投手が通用するとしたら「データがない」という利点からでしょうね。一時的なものでしょうから後々のことを考えると無理に若手を起用するのは厳しいかも。ただマエケンのように実力が伴えばいいのですが、見当たらないですね・・。
大竹、長谷川、そしてコズに期待するのが現実的かと思います。   気が重いけど・・。
ドラゴンズも先発ピッチャーが。。。そして打線が。。。
川上憲伸でしか勝てないのです。
その川上憲伸は来年ドラゴンズにいないかもしれない。

どうなっちゃうんでしょう、笑

トミーさんから頂いた大島選手のサインは
会社のデスクに飾りました。でへへ。
みてニヤニヤしております。
◇ウニ姉さん

>会社のデスクに飾りました。でへへ。

それはよかった!でも仕事もしっかりねww

来年のドラはFAが多いんですよね。川上も確か荒木も?
ウッズも微妙ですよね。
中田、朝倉がちゃんと軸にならないと厳しいと思います。

でも素材がイイですから育て方次第でしょう。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。