スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2試合連続延長で負け。しかし悲観することはない。

2008年07月11日
今年初のサヨナラ負け。←意外にも。

■阪神2x-1広島(TBSエキサイトBB)

阪神が今季6度目のサヨナラ勝ち、今季最多タイの貯金28。1点追う8回代打・高橋光信の犠飛で同点、11回2死1・3塁で関本が自身初のサヨナラタイムリーを4人目岸本から放ち広島戦3連勝、今季6試合目の延長戦は4勝1敗1分。5/28ロッテ戦以来の登板となる先発ボーグルソンは6回5安打1失点、6人目の江草が2勝目。広島は6回栗原のタイムリーで先制も今季初のサヨナラ負け、6/6-8の3連敗以来の連敗で借金2、今季7度目の延長戦で2勝2敗3分。先発前田健太は6回2/3を6安打無失点、4人目岸本が今季初黒星。

約1ヶ月ぶりの連敗ですか。
まずそんな感想の出てきてしまう敗戦です。阪神相手でサヨナラ負けは悔しいですが、冷静に試合を分析するとそう悲観することもないのでは。

カープの黄金時代の阪神を考えるとアンビリーバブルな負けですが、いまは謙虚に・・・貯金が30に届きそうなチームを相手にこの内容ですよ。
1点しか取れなかったことより「2点しか与えなかった」ことにクローズアップです。
いまは首位に躍り出る位置にもいない力もない。戦力を揃えて勝負のときを待つときです。

その視点から先発を見ると「ルイス、建、マエケン」という3本柱を堂々と言える体制になってきたのではないでしょうか。
しっかりとした先発軸があるということは連敗が少なく相手へのプレッシャーにもなります。
また長いイニングを投げることで中継ぎへの負担も少ない。ここぞ(絶対に勝つ)という試合に万全な体制で自慢の中継ぎをマウンドに送ることが出来ます。

打線も1点に抑えられましたが「3番嶋」が上向きです。打率も3割6分。今日も栗原と揃って猛打賞。
この結果を見ても1、2番の出塁がうちの得点源ですね。
東出、赤松、天谷の3人が元気ですからまた5割にひょいと戻れますって。でもいまは耐えるとき。
昨日も書きましたが甲子園では「1勝」でいいです。1勝2敗。ルイスのいない6連戦で3勝3敗は大きな財産になります。
チャージはまだです。

甲子園の試合はあまりTVで私はみません。なんかあの阪神の応援が好きじゃないので。
内野メガホン嫌いです。
それでも未来のエース!マエケンですから再生チェック。実に試合前から存在感を感じます。
毎年甲子園での試合はいい思い出がありません。見ていても勝てる気がしないんですよ。しかも試合前から。
でも今日はどうだろう。マエケンだけじゃなく赤いピンストライプのユニフォーム姿が大きく見えますよ。決して首位のチームと比べても見劣りしません。
3,4番の安定度、リリーフの力などはまだまだ及びませんが「惨めな負け方」をする選手には見えません。
もしかしたら?ひょっとして?なんて半分疑いの目で選手を見る必要はなし。監督も首位と戦える十分な手ごたえを感じています。

明日のカープに大きく期待! あしたはコズですかね?今日登録されました(あぁチャーリー・・・)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
昨夜は、音量下げてのTV観戦(関西発の実況解説は聞くのが辛い・・・)が、残念ながら2戦続けての延長敗退。応援した人も、当然のことながら選手のみなさんもお疲れのことでしょう。 しかしマエケンは、粘り強く投げてくれたと思います。マエケンが好投することに触発されて頑張ってくれる選手が増えてくれることでしょう。負けは、しましたが少し希望の増した1戦でありました。(今年は、ポジティブにいくのじゃ~)
◇ゆうころべぇ~さん
マエケンはドロンとした変化球(スライダーとは呼べん)のコンビネーションとコントロールがよくなってきていますね。彼はマウンドでどんどん学習をしていきますね。
確かに希望の増した1戦だったと思います。ビジターでしたからね、延長に入ったらサヨナラ負けの可能性は高かった・・だけでしょう。
前半戦(オールスターまで)は借金5以内だったら私は合格点をあげたいです。
昨日は現地のビジター席で応援しました(4割ぐらい阪神ファンでしたが…)。

投手陣が安定していて、互角に戦えていましたね~。ただ藤川が出てきてガックリさせてしまうあたり、まだあちらの投手力が上ですね。永川も絶対的抑えになってほしいです。昨日要所で三番打者を三振に取り、ついでにズッコケさせたwところはさすがでした。
9月6日聖地に行きます
お邪魔しますか・・・・・  柱|皿▼メ)

「連日楽しく」「毎日待ち焦がれて」・・・・以下同義文幾百万。
本ブログを読ませていただいております。

プロ野球って「大河ドラマ」なのだと認識している自分です。
大阪人として、過去のカープ黄金期、タイガースはことのほか凹んでおりました、
そのことを充分すぎるほど知っております。
現在、それが逆転しているかのように見えますが、
自分は、広島東洋カープと、広島タイガースの「大黄金期」になる途上と観ております。

「お金儲けをして何が悪い」という輩が出る時代。
「タイガース」が「タイ粕」になるのもいたし方がないのかもしれません。

閑話休題。
話はパリーグに飛んじゃいます。
現在、誠のプロ野球ファンである大阪人は西宮の金儲け主義球団より「バファローズ」・・・
いえいえ、自分にとっての呼び名は絶対「バッファッローズ」です。
大阪人、なにわ人は、断然「バッファッローズ」を応援しております!!!
「しもやまん、頑張れ!!(←ブログ読んでます)」
********************
カープの紅白戦を「勝つ事」を第一命題にしての観戦は、あまりにも幼稚じゃないでしょうか。
もっと、観るべきところが一杯あるでしょうに。
内野席でのメガホン叩きなど「もってのほか!!」
自宅のテレビの前でやってくれですよね。
映画館でスクリーンに指差しして「この役者知ってる!!」と大声出す「**たれ」と一緒です。

で、本題。
どうも今年のカープを取り巻く「波」というか「流れ」は、
「*****」のほうへ(言葉に出すと実現しなくなりそうで)向いているとしか思えない自分です。

全試合をテレビとは言え観戦できる状況になって以来、
我がカープの成長具合をつぶさに観察してきました。
聖地での興行が今年が最終年!
(たぶん、あと一歩のところで「後退」とはなるでしょうが、期待ワクワクです」
(昨年も微力ながら赤に染めさせていただきましたが、今年も「9月6日」行きます!!!)
(3塁内野席で1塁側ベンチに向かって「代貸し」を応援します!!)

サヨナラ勝ちを今の時期にして喜んでいるようでは・・・・
「甘いのぅ!タイ粕さん」
プロ野球は大河ドラマということを忘れんときや。

お邪魔しました (▼皿▼メ)ノ

◇しょうじさん
あの甲子園での応援・・本当にお疲れ様でした。
私なんかいったら野次合戦になってしまうので自分から出禁ですw
永川はやはり経験が必要になってきますね。それとフォークの安定度を増すことかな。この夏の活躍が楽しみです。

◇なにわ東洋カープさん
いつもご訪問ありがとうございます。
内野メガホンはまぁ外野よりの内野はちょっとぐらいいいけど・・・バックネット裏でメガホンって???
ちょっとね・・。あそこはじっくり野球を見て欲しいものです。
9月6日のご参加ありがとうございます。チケットがもう完売な勢いですね。阪神ファンさんのおかげでございますが、それはそれで感謝でございます。広島市にたくさんお金を落としていって欲しい限りでございます。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。