スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

上野をなぜに2/3で引っ込めた?

2008年07月18日
大島が登板になったとき席を立ちました。バスに間に合うように体力温存。

■東京ヤクルト8-3広島(TBSエキサイトBB)

ヤクルトが逆転勝ちで2連勝。ヤクルトは1回、川島慶三の4/27以来の2号ソロで先制。その後逆転を許し1点を追う7回、シュルツの暴投で同点に追いつくと、飯原のタイムリー3ベースで逆転。更に代打川端の走者一掃3点タイムリー2ベースで、この回計5点を奪った。2人目五十嵐が、06年5/2広島戦以来の白星。広島はヤクルトを上回る10安打を放つも、投手陣が今季1試合最多タイの12四死球を与えた。4人目シュルツが4連敗で4敗目。チームは3連敗で、4位ヤクルトとのゲーム差は1、借金は6/12以来の4。

今日は助っ人が活躍できませんでした。というか足を引っ張って・・・
コズとシュルツで計3つの牽制暴投。信じられません。こんなの見たことありません。

6回に嶋の2ベース、シーボルの3ベースで一度は逆転しましたが、この1点差を守ることも引き離すことも出来ませんでした。

今日のポイント。というかわからない采配。

上野をなぜに2/3で引っ込めた?

梅津が昨日の登板で疲れているのは誰でもわかっていること。この長い夏を乗り切る気があるとは思えない投手起用でした。
もっともつれて延長戦になったときはどうしたのでしょうかね?刻みすぎです。
マーティーの判断でしょうけど投手コーチも無茶な投手起用には毅然とした助言をして欲しいです。このままじゃコーチが信頼無くしますよ。

うちは自慢の中継ぎが生命線です。特にルイスがいない間は登板間隔が短くなります。ここをちゃんと乗り切らないとズルズルと落ちていき・・・

いや、明日だな。明日勝てば4位とゲーム差はなくなります。

最後に気になること2つ。小窪は怪我じゃないかね?昨日ハマスタでベンチを見たら練習着でしたよ。
それと東出が下降気味です。打球が去年に戻っています。

明日は振れている石原を6番によろしく。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
ここでコメントさせて頂くのは初めてでありますm(_ _)m
ここ暫く、投手陣の不甲斐なさに目が行きがちです。横山とルイスが抜けただけでここまで酷くなるとは思っても見ませんでしたが。
ここは個人的な荒療治ではありますが
「先発投手はまず7回、何球費やそうが7回を投げ切る」
を徹底ささないと、いつまで経っても先発投手に自覚が生まれないと思います。でないと、シュルツや梅津だけでなく、中継ぎ陣全員崩壊、よそのチームを「マシンガン継投」などと言って笑ってられんようになります。
中継ぎ陣にしても、毎回毎回1/3や2/3で交替させられるような起用が続くと「わしらにはこの程度の信頼しかないんか」みたいな不信感も生まれかねないと思うのですがどうでしょうね。
◇あだち@苦さん
来ていただいていたんですね、ありがとうございます。
同感ですね。投手起用はもっと中継ぎに余裕をもって欲しいです。いままでうまく行っていたのはマーティーが意識していたのえはなくて横山・ルイスという戦力的な要因が大きかったというのが露呈したのが昨日の試合でした。
この時期は気持ちだけでは乗り越えられるものではなく。体力と気持ちの両方が揃ってこそだと思います。
建を日曜日に固定するならばきっちり6人先発を用意してルイスも中5日で回す。そのベースで「先発投手はまず7回、何球費やそうが7回を投げ切る」 のがいまのカープには必要でしょう。

上野の起用が一夜明けても理解できません。このままじゃシュルツと梅津がぶち壊れます。
中継ぎ投手の気持ちを整えるためにも広池をいまあげるべきと思います。

管理者のみに表示
Trackback
ヤクルト8-3広島 ミス赤ヘル 12四死球3失策 ブラウン監督「最低、最悪」カープ3連敗 5割で3位を狙うはずが、いつの間にやら5位転落。 このままズルズルいってしまうのか、もう一踏ん張り持ちこたえるのかで、これからのカープの強さが見えてきそうです。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。