スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

そして7回の建のピッチングに何を感じたか

2008年07月20日
今日初めて知ったのですが観戦仲間がこのブログを読んでいただいていると・・・みんなありがとうね。

■東京ヤクルト4-3広島(TBSエキサイトBB)

ヤクルトは昨年8/23~8/26以来の4連勝で5/1以来の勝率5割。開幕カードの巨人戦以来、今季2度目の同一カード3連勝で広島戦4連勝。ヤクルトは3点を追う3回に川島慶の2点タイムリー2Bなどで同点。8回に宮本のタイムリーで勝ち越し。5人目押本が4勝目、6人目林が23セーブ目。広島は昨年9/13~9/17以来の5連敗。昨年9/14~9/16の巨人戦以来の同一カード3連敗で、今季ワーストタイの借金6。先発高橋は7回で今季ワーストの10安打を浴び、4四死球3失点。2人目上野が昨年9/13以来の黒星。

今日のポイントを簡単に。

・3試合連続3点止まり
・つまりのところ初回のシーボルの打ち止めで一気に畳み込めなかった
・5回からら8回までヒットがなかった
・今日もシーボル、梵を使い続ける理由がわからなかった
・1塁にランナーが出たときにライト前ヒット→1-3塁というカタチにする右打者がうちにはいない
・倉はピンチからの流れを変えるリードが出来ていた
・初球の対処がまだチームで出来ていない
・一番の見所は7回の建のピッチング

この建のピッチングはしびれました。
先日あだちさんがコメントをいただいたように先発ピッチャーの責任イニングをきっちりと投げました。
結果起用した投手は建&上野の2人。中継ぎをぐったりしたまま名古屋行きという最悪な結果は免れました。
この建のピッチングはチームにどう響いたのでしょうか。これがこれからのカープの見所じゃないかと思います。
ええ、この建のピッチングを無駄にするような結果でしたら「思いっきり私はガッカリします」。
ですからこの5連敗での落胆するコトバはそのときまで取っておこうと思います。

さて打線にも触れます。私は「野球は投手だよ」という言葉は嫌いですから。
昨日も1-5番で点を取り6-9番でしっかり守るという打線を提案しましたが、今日の試合でますますその気持ちが膨らみました。
私の気持ちが膨らんでも仕方がないのですが、ここはガックシしたカープファンだけでも夢を膨らまそうじゃないのw

1 東出 2赤松(天谷) 3嶋 4栗原 5アレックス 6小窪 7石原(倉) 8木村 9投手

私が監督でしたらこの打線を組みます。ただ小窪が本当に起用できる状態かは疑問符がつきます。
もっとそれぞれの役割、責任をはっきりさせることです。栗原、オチョアには守備に難はあっても6番以下は期待が出来ないので君達がしっかり点を取りなさいと。
6番から9番はぶっちゃけ守備8割で試合に挑みなさいと。
それと3番アレックスなら5番小窪という手もあると思います。嶋・栗原が好調なだけに1-2塁というチャンスもあります。ここでシーボルのような長打を期待する選手だと「バントが100%」ありません。
相手の守備にもプレッシャーになりません。小窪を置いてバントという選択肢を増やす・・・今日もつくづく思いました。

うちには宮本のようなチームを支える選手は残念ながらいません。しかしそれぞれの仕事を明確にすれば自覚が出来て責任をクリアできたときに自信となってそれ以上の仕事が出来るはずです。
一般のビジネスの世界となんら変わりません。彼らも野球がビジネスなんですから。
そう考えるとうちは優秀なGMを置いてチームをコーディネイトしたほうがいいのかもしれません。ま、核心はシーズンオフにすることにして・・

最後に。
今日も「ブログのファンです」と声をかけていただきました。ありがとうございます。
私は硬式野球の経験はありませんから「何チャって監督目線」です。そんなこんなの駄文ですw
難しい解説は出来ません。学生時代は国語古典大嫌いでしたので難しい単語・比喩も知りません。
ただ「骨のある文章」は意識して書いています。

一番伝えたいことは「カープは素晴らしい球団で、素晴らしいファンがたくさんいること」。
そしてその仲間とワイワイと楽しく応援することが自分にとって大切なこと。そして感謝していること。

そんなこんなです(笑) これからもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ   1位ありがとうございます。
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(7) | Trackback(1)
Comment
熱かった…
今日はお疲れさまでした。

高橋建のピッチング、外野席でありながら久しぶりに「固唾を飲み」ました。第三者から見れば毎回ヒットを食らって「ヨレヨレ」に映ったかも知れませんが、それでも高橋建は七回を投げ切ってくれました。
思い返せば七回は、チーム最年長としての責任感から来る「志願登板」やったんかも知れませんね。あとは…この後ろ姿を見て、大竹・青木高・宮崎が何かを感じ取ってくれればええなと思います。

負けたのはそらぁ悔しいですが、何か薄明かりが見えたような気がする、と思うのは気のせい…ではない…と思いたいです。
見応えあり!
 初めまして。毎回楽しく拝読しております。読み応えのある内容で、私もトミーさんのファンですよ。これからも応援しまっす!

 さて、7回の高橋健ですが、よくぞあのピンチを乗り切ってくれましたね。あのピッチングが見られただけでも良かったと思っています。五連敗になったとはいえ、あの場面を思い出せば、まだ気持ちも落ち着いてくれそうですよ。
 
やっぱり悔しい
神宮で見てきました。

7回の建さんのピッッチングには感動すら覚えました。
疲れきった中、渾身のピッチングでよくしのいでくれました。
だからこそ8回のカープ打線の淡白な攻撃にはがっくりきました。

私はすみません、カープファンというよりは建さんファンンなので、
余計そう感じてしまったのかもしれませんが・・・。

今日の139球を決して無駄にしないよう、
そして次回は今日の建さんの熱投に報いる打線の援護を強く望みます。
 他のホームページで呆れた投稿が、中日戦から前田・緒方を使えという投稿です。確かに得点力は上がるかもしれません。でも、守備力はかなり落ちるような気がします。相手が、前田スタメンで、広島の守備時にほとんどレフト方向に打球を打つ、処理できずにたんだが二塁打・二塁打が走者一掃になりうる三塁打にされる等で、かなりの欠点があるし、緒方にしても体力はあるかもしれない、ただスタメンフル出場は難しく2打席出して交代かな、というのが現状です。

 それならば、こうするしかないかな、というのがこの打線です。どう思いますか。
 1 赤松(天谷)  2 東出 3 栗原 4 アレックス 5 嶋
 6 小窪 7 石原  8 木村 という打線です。今の打線では盗塁・四死球が望めず負けてること、東出2番にすることで、先頭打者が盗塁しやすくなること、等を踏まえてこうなりました。(三遊間はその次のそれぞれのコンディションによる)
 栗原はかなり4番病にさいなまれてる気がするので、1度3番で実績を積んでから4番に戻るという考えにすればいいと思うのですが。(本来の栗原のバッティングから、嫌らしさが抜けてるのは気のせいですか。打点が少ないのはその象徴な気がします。)
◇あだちさん
お疲れ様でした。この建の139球は今年のカープの戦いにおいて大きな意味があると思います。それを生かすも殺すもこれからの監督はじめ選手の意気込みでしょう。結果が出なかったらボロクソ言いますよw ただしシーズンオフにね。それまでは精一杯応援します。

◇巻パンダさん
ファンだなんてなんか不思議な感じです。ありがとうございます。建のピッチング、そして一昨日の9回の栗原の一発。このチームはまだまだ死んでいません。いまは我慢のときですね。

◇keikoさん
あの8回の攻撃にはガッカリでした。
しかしガッカリしたのは選手たちも同様。建さんの好投に応えることが出来なかった・・・これは全ての選手のココロに刻まれたはずです。決して無駄にすることはないと信じましょう。

◇Mr.SCさん
緒方と前田をスタメンですか・・・まぁ野球ゲームのお話か「負けるならば緒方と前田を見たい」という意見かも知れませんね。おっしゃる通り戦力的にはいまの二人よりは赤松と天谷のほうが上でしょう。役割も違いますけどね。
経験を買うという考えもありますが、今年前半の経験も買うという発想もありますよね。私は後者かな。
アレックス、天谷、赤松、そして最近好調な嶋の4人をうまく組み合わせていけばいいと思います。前田は市民球場限定になりますね。守備範囲の狭さもありますし、無茶をさせたくない気持ちもあります。

>1 赤松(天谷)  2 東出 3 栗原 4 アレックス 5 嶋  6 小窪 7 石原  8 木村

そうですね。2番東出という選択は今年もありましたし違和感はありません。ただ1番にいま起用しているのは出塁力でしょう。赤松天谷の出塁力が上がれば2番東出は”粘れる”バッターなのでいいい起用ではないかと。
あと3番ですがここは左打者のほうが機動力を発揮できるでしょう。嶋か天谷かな。栗原には機動力を生かしたあとの1-3塁というカタチで打席に立たせたいです。2番東出3番栗原だと単打の多い東出は1塁にいることが多い。決して粘れる栗原ではありませんから盗塁のチャンスも難しい・・・となると東出と栗原の間に左打者(右投げキャッチャーには左打者は多少なブラインドになります)をはさんだほうがいいかな。
栗原のあとにアレックスは賛成です。野手の間を抜ける打球を打てますので足の遅い栗原でも3塁、もしくはホームへ帰ってくる可能性もあります。
そして結論。

建のピッチングからは何も感じなかった、らしい。

金字塔的な完封負けだ。5位固めに走っているとしか...
◇ガビーさん
いまの横浜強力打線。
今週末の結果次第では・・・追いつかれますよ(汗)

管理者のみに表示
Trackback
<ヤクルト4-3広島> 【広島】逆転負けで今季初5連敗、借金6 この間まで見せていた粘りや勝利への執着心はどこへ行ってしまったんでしょう。期待をすれば見事に裏切る、悪女野球の誕生です(笑)。もう勘弁してほしいです。 昨日ブログに「こんにちは、横浜さ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。